番外編 : 自販機調べの「中締め」

Daido210408
序論: 記事タイトルを「確定版」としたいのに、それだと嘘になるので、どうしようか、考えました。そうそう、「中締め」という便利な言い方がありました。
若いころ、この言葉の意味を知らなくて、「中」締めだもの、まだいいだろうとグダグダ呑んでいたら、先輩に蹴飛ばされました。ふーん、大人って嫌らしい言い方をするもんだ!と憤慨したものです。

本題: いや、話は宴会ではなくて自販機です。ダイドーの自販機にQR決済できるものがあることに気づいたのが1月中旬でした。さて、この機能を備えた自販機はどのくらい普及しているのかに興味が湧き、自宅から半径3~4kmの地域(上掲地図・注1)をテクテク歩いて調べ廻りました。
そうしてほぼ1カ月、だいたい調べ尽くしたろうと思った先月11日に「締め」の記事をあげたものです。ところが、早くもその日のうちに未チェックの自販が見つかり、それ以降も歩けば歩くほど「おお、ここにも!」が止まりません。
そこで、その記事は「暫定版」に格下げし、さらに1カ月、まさかと思われる住宅街や裏道も含め、調査を続けました。そしてついに、未踏の道を歩いても新たにはダイドーのマシンが見つからない日が1週間も続いたので、やれやれ、ここらで「中締め」にしておこうというわけです。

<結果概要>
1. 調査地域(面積44.46㎢)内のダイドー自販機数 164台
2. うちQR決済ユニット搭載の自販機数       22台(13%)
1カ月前の記事では上記数字が15台/113台でした。上述したように、歩けば歩くほど未知のマシンが見つかったというのがこの数字差異の主因です。
ただ、「前はなかった場所を再訪すると新たに設置されている」とか、「前はQRではなかったマシンが、次に見るとQR化されていた」という事態が稀ではなく、状況は日々変化しています。これがこのレポートを「中締め」とする理由で、たぶん半年・1年後に同じことをやったら、上記の数字にはまた変化が出ているはずです。

<面白かったこと>
1. 商品(ブレンド ブラック 世界一のバリスタ監修)の価格差 140円 ←→ 100円
Kakaku_var5
同じブラックコーヒーでも、自販機ごとの値段には40円もの差がありました。まったくの仮定ながら、たとえばこのコーヒーの原価(ベンダー卸価格)が78円、電気代(オーナー負担)が1本当たり2円だとすると、オーナーの取り分は60円 VS 20円、じつに3倍の開きが出てしまいます。オーナーとしてはこの粗利を大きく取りたいであろう一方で、高くて売れなくては元も子もありません。
そんななか、164台中たった1台とは言え、ワタシの大好きなブラックコーヒー(スクリューキャップ)が100円で買える場所があったのはうれしい発見でした。かなりの好立地なので薄利多売ができるのでしょう。ただ、もしワタシがオーナーなら、好立地だから強気の価格というセコイ考えで押すかもしれず、値付けには人間性が表れるものかと恐ろしくなります。
2. アプリへの掲載率はたった半分
ダイドーアプリ(DyDo Smile STAND)には自販機検索機能があるのに、そこに示される率はちょうど半分(164台中82台)でした。ダイドーの飲料じゃなきゃダメ!という熱烈ファンがそうそういるとも思えないし、わざわざダイドーの自販を探してそこまで移動して買うという偏執狂はさらに少ないとは思います。
つまり、あまり活用されることのないアプリ機能なので、位置表示にそれほど熱が入らないという事情はありそうです。(ダイドーさん、失礼を言ってごめんなさい)
また、自販管理者(ベンダー)が直(=ダイドービバレッジサービス)ではない(たとえば系列外ベンダーやオーナー直管理)マシンが1割はあって、それらはアプリに表示されない(しない?)という事情もありそうです。(注4)
とは言え、他社もやっていることなので止めるわけにもいかないだろうし、上述したような熱烈ファンや偏執狂は案外に多いものかもしれず、この機能は今後の大幅な改善(位置表示のズレもままありました)に期待するところ大です。

中締めの締め: いやあ、楽しかったです。自販機を追いかけてほぼ2カ月、みっちりと遊ばせてもらいました。その成果としての第一は、「140円のコーヒーは絶対買わなくなった」ことです。ケチじゃーwww涙
あと、さすがコカとキリンは強いなあと感じました。関西資本のダイドーにはやや不本意な戦場かしれなくても、サントリーやポッカ、アサヒ、伊藤園あたりとの混線を抜け出して1位グループに入ってほしいと応援すること切です。フレー・フレーダイドー!!

<補注1> 地図上の黄色@マークはQR決済ユニット搭載機(アプリ非掲載:4台)、☆マークは未QR化機で、オレンジはアプリ掲載機、紫がアプリ非掲載機です。
<補注2> 上記のベンダーシェア順位は、今回のダイドー機調べの副産物として横目で感じたもので、あくまで主観です。また、この時点ではダイドー以外のマシンでQR決済ユニットを備えたものはまだないように感じました。(訂正↓)
※ さすが、コカコーラには「コークオン」という素晴らしいアプリがありました。QRでもクレジットでも電子マネーでも自由に(複数)支払い方法の選択ができ、かつ自販機のボタンに触らないでスマホの画面上だけで品物を選ぶことができます。ただ、すべてのコカ機にその機能が備わっているわけではなく、いまのところ(ざっと見たところ)ダイドーの倍くらい(3割前後)の「新機能搭載率」と見ました。(2021年4月6日追記)
※ 伊藤園の自販には、コカと同じようにさまざまな支払い方法を選択できる画面があり、かなり使いやすいものでした。また、コカと違ってアプリがいらないことにも好感が持てます。(2021年4月9日追記)
<補注3> 事業所・施設の構内(屋外)にあった自販機はカウントできても、屋内に設置されたものはまったく調べることができていません。
<補注4> 系列外ベンダーやオーナー直管理の自販機がダイドーアプリに表示されるケースもあるので、掲載される・されないの理由や事情は想像がつきません。

| | コメント (0)

番外編 : 自販QR化の現状(暫定版)

<2月19日追記:この記事の扱いについて> 2月11日にアップしたこの記事は、今後の内容(数値)修正の余地が大きいので、いったん「暫定版」に格下げします。記事掲載後も対象区域を歩き続けていると、次々と新規物件を見つけてしまい、日々、記事中の数字を姑息に修正してきたものの、収集がつかなくなりました。
また、アプリ掲載と管理ベンダーの関係も当初述べたような単純なものではないらしいことがわかってきました。そこで、該当部分の文言は削除扱いとし、もう少し調べ直したあと、あらためて「確定版」を載せるつもりです。なお、肝心のQR化率については、この記事の数値でも大筋で狂いはありません。
------------------------------------------------------------------
210211db
散歩中にダイドーのルートセールストラックに抜かれました。瞬間、「あ、Gちゃん(居酒屋の名前)に行くはず」とわかりました。行ってみると、案の定、お店の前の自販機に商品を補充し終わり、お掃除しているところでした。
上の写真はそこから次のお店に移動して機械の扉を開けたところです。ハンディターミナルを使い、補充が必要な商品を調べ始めていました。
ただ、同じダイドーでも残念ながらこのトラックとルートマンはビバレッジサービスというグループ会社です。今回実査して歩いた100台以上のダイドー自販機のうちで同社のものは2割弱、しかもその機械はすべて「QR決済機能なし」でした

じつはダイドーの自販でLINEペイが使えることを見つけ、このあたりのQR化率を調べてやろうと思ったのが20日ほど前でした。以来、ダイドーのアプリで自販の位置に見当をつけ、オリエンテーリングよろしく機械を探して回りました。
そこで不思議だったのは、アプリに表示のない場所でダイドーの自販がちょくちょく見つかることでした。最初はアプリへの収録が遅れているのかと思ったら、そうではありませんでした。ダイドーホールディングスには主要なベンダーが2社あり、圧倒的に大きいのがダイドードリンコで、QR支払いできるパーツがついている機械はここのものだけのようです。スマホのアプリはドリンコのものなので、それにビバレッジの機械が表示されないのは道理でした(自分の子会社なのに、冷たいことです・笑)

さて本題です。上に述べたような動機で、自宅を中心にして東西7.8km、南北5.7kmの矩形地域(面積44.46㎢)をくまなく調べ回りました。結果、見つけたダイドー印の自販機は113台(2月13日現在)で、そのうちQR支払いパーツがついていたのは15台、QR化率は未だ13.3%(ドリンコだけに限れば19.5%)に過ぎませんでした。
なお、チラ見には過ぎなかったものの、ほかのベンダーの自販ではまだQR支払いできるものが出ていないようでした。
数あるベンダーのなかでダイドーだけ、そのなかでもまだ2割以下では、「自販QR化の道まだし」の感が拭えないのは事実です。ただ、物事の始まりはたいがいこんなものでしょう。まるで寒風に吹かれながら飲む缶コーヒーがジワーッと体を温めるように、ジワジワと普及してほしいものです。

<補注> 記事上部に追録したように状況は引き続き流動的で、どこかで締めないと永遠にこの遊びを終えることができません。自分的におおむね調べ尽くしたと思えるところで、今回の調査をいったん「中締め」としました。(2021年3月21日

| | コメント (0)

番外編 : 埼玉限定版

Ftoast
1個354円(税込み)也、高級です。しかし、それよりも注目すべきは、これ、セブンの埼玉県限定バージョンということです。去年の暮れ、都内限定のビャンビャン麺に振り回されたので、その意趣返しのために無理して買いました。
で、この写真です。ものすごくデカく見えます。ところが本体は袋の2/3(か半分)ほどで、プラスチックのケースに収まっているので嵩が張っています。
こんな緩衝材も値段のうちかぁとか貧乏臭いことを考えながら食べたせいか、肝心のお味は「ふつうにおいしい」(助手1号評価)というところでした。
ただ、疑問が一つ。この外袋、表にも裏にもセブンのマークや名前が一切ありません。製造者の名前が裏面にひっそり2カ所だけです。セブンに詳しくないので、ほかにこういう商品があるのか、よくわかりません。埼玉県限定バージョンなのでマークを省略したのかなぁとか、僻み根性丸出しの埼玉県民でした。

| | コメント (0)

番外編 : ようやく自販機も

210119qr_payment
ようやく身近に現れました。QR決済できる自販機です。スマホでピッに慣れてしまうと、現金を使うのがどうにも面倒になってきて、特に不便だったのが自販でした。
都会では去年のうちにポピュラーになったらしくても、志木の近辺ではお初です。ダイドーのこのマシン、どなたかのレビュー記事では「決済完了に1分以上」などと散々な評価を受けていたものの、いや、どんどん改善されているみたいです。
たしかに、コインを入れたらガタコンという簡単さと比べれば遅くても、面白さも手伝って、けっこうスピーディに感じました。自分はLINEペイであり、LINEペイからではなくてLINEのウォレットからスキャンするしかけです。上記のレビュワーはここで手こずったらしいのに、今回の自分はごくスムーズでした。
さあ、これで財布とサーモスを待たずに散歩に出ても大丈夫です。おっと、ダイドーの自販のあり場所が問題か…と思ったら、アプリで地図上に表示されました。うふ、そこに示された自販を訪ね回るウォーキングという新しい遊び(注)ができました。

<補注> 新しい遊びはとても楽しいものでした。(2021年2月11日

| | コメント (0)

番外編 : 50年が隔つこと・繋ぐもの

Nvsn
すごい写真を見つけました。さすがホンダさん、シビレます。
画面右手がN360(愛称Nコロ)、50年前のはた衛門の愛車です。東は青森まで、西は宮崎まで、こんなチビ助がよく走ってくれました。ウルウル…。 隣がいまのN-ONEです。こうして並ぶ姿を見るまでは、なんとまあ、Nコロとそっくりではないかと目尻を下げていたのに、いやぁ、ぜんぜん別物でした(笑)。
話は飛んで、最近、出かけ先でN-BOXを借りました。運転席に座ったとたん、その室内の広さに腰が抜けました。この半世紀で軽自動車の規格は驚くほど様変わりしたし、それをギリギリ生かす設計技術は飛躍的に進歩したのでしょう。
なにをバカな感動をしているかという自虐の念は抑えきれずとも、いまもなお、あの金属音に包まれる快感は蘇ります。かなりえげつなく手を入れたNコロを見とがめたお巡りさん、あの日、無罪放免してくれてありがとうございました。

<補注> 写真はホンダのCMページから拝借しました。

| | コメント (0)

番外編 : 漢字を食べる

Byan
近所の習字教室の窓に掲示されていた、そこの先生の作品です。ウソでしょ、こんな字!と思ったら、横に解説もついていました。
うーん、横浜中華街までビャンビャン麺食べに行くのもなぁ~と考え込んでいたら、なんとセブンで売っているという情報が舞い込みました。聞くなり、全力疾走でセブンに行ったのに、ない・ない・なーい!
無念の思いでちゃんと調べたら、都内限定商品でした。志木、イナカでーす。
Byanbyanmen
…とあきらめかけていたら、あらら、1個だけ手に入りました。
どれどれ、うぉ、辛っ! うんま! 麺の幅だけなら群馬のひもかわとか、埼玉にも恥ずかしながら川幅うどんとかあって、特に感動するものではなくても、イマドキ話題が調味料です。むふふ、58×2+16=132画、食べちゃいましたァ。

<補注1> 1枚目写真の右手解説には57画とあるものの、先生が朱墨に書き込んだ画数はしんにょうの払いが58番で、それが正解のようです。
<補注2> セブン・埼玉限定・フレンチトーストを賞味しました。(2021年2月5日

| | コメント (0)

10月2日(金) ツユクサと月草

201002commelina_communis1
ん? ツユクサって1個の苞から2個同時に花が咲くんだっけ。とても普遍的な草の、とても基本的なことなのに、え? どうだった??
とりあえずこの場所の株は残らず見つめ尽くしたものの、「2個同時」はこの1株だけでした。ウチで勉強し直すと、「ツユクサは一日花で、1個ずつ咲く」のでした。「一緒に咲こうねー」という仲良しなのか、「ふん、順番なんか待ってらんないよ」という我が儘坊主の所業だったのか、面白い発見でした。
201002commelina_communis2
ただ、翌日また別のところで2個咲きを見つけました。珍しい現象ではあるものの、一日の野歩きで1株は見つかる程度のことかもしれません。おっと、右側写真の花はノーマル咲きなのにオマケで載せます。ヒラタアブくんのおかげで、奥の雄シベが花粉を持たない客引き役であることを証明しています。
201002commelina_communis3
さて、いきなり酒のラベルです。「わかむすめ」は蔵の代表銘柄で、「月草(つきくさ)」が個別の酒銘です。え、月草ってなに? あ、ツユクサのことか。たしかに、ラベルの絵柄には切り絵風にツユクサがあしらわれています。
花を染めに使ったので、「色がつく=つきくさ」と呼ぶそうです。風雅です。そして、このお酒は端正ながらも豊麗でした。というか、すごい!です。驚きました。
いい時代になりました。どんな小さな蔵でも、いや小さな蔵だからこそ、驚くしかない素晴らしい酒を醸すことができます。そして、コロナに負けそうというこの蔵の窮状がネットに流れたとたん、注文が殺到し、在庫が捌けてしまったそうです。
テレビでCMを流せば勝ち、という単純図式ではなくて、一人ひとりに話しかけることができるネットの力…プラスに活用していきたいものです。

過去のきょう 2019 サワギキョウ 2018 ハイビスカス・アーノッテアヌス 2017 ウバメガシ 2016 コウヤボウキ 2015 ナンテン 2014 ムクゲ(ルーシー) 2013 サザンカ 2012 オオケタデ 2011 ソリダスター 2010 ヤブマメ 2009 スイフヨウ 2008 ハナヅルソウ 2007 タマシロオニタケ 2006 ステルンベルギア 2005 ガマズミ 2004 クジャクソウ

| | コメント (0)

番外編 : コウモリのテリーくん

このところ停電対策にやたら熱心で、非常用電源を自作するわ、懐中電灯を買い増しするわ、かなりの用心状態です。この記事は非常時のテストとして、部屋のブレーカーを落とした上で、自作電源だけを使って書いています。
ちなみにいま電源につないでいるのはパソ(デスクトップ)、モニター(23型液晶LED)、バイオライト、それにモデムとルーターで、ときどきインバーターのファンが休む程度で運用できています。電源350Wに対し、これら機器の合計(概算)が170W、余裕の裕子ちゃんです。容量が230Ahあるので、計算が間違っていなければ、このまま16時間はこうして通常の作業ができる「はず」です。
200628teries1
おっと、この記事はそんな「電源自慢」ではありませんでした。話題は買い増した懐中電灯であって、昔だったら値段が一桁違ったよなぁとしみじみ感じ入るほど、超強力・超頑丈のモンスターライト、買い物は大成功!でした。
ところが!です。上の写真の「重要注意」を読んでいて「う、むぅ…」となりました。「コウモリのテリー」、何者じゃそれ? またもやウイルスか??
200628teries2
まったく同じ文章の「重要注意」は立派な箱にもありました。で、説明書の裏側(英文)を右肩に貼り付けておきました。ブフ、batteriesでしたか。Bat Terieね。なかなか笑わせてくれる翻訳装置のイタズラでした。
大陸の人たちはこういうことを平気でやります。中→英→日と自動翻訳し、その結果はノーチェックですから、怪しい英語・難解な日本語が充満します。
ふだんはそのテキトー翻訳にイライラするばかりだったのに、いやあ、コウモリのテリーくんはイケてました。まさしく、Don’t Worry です。

| | コメント (0)

番外編 : 変化球

814
街で見かける「こだわりナンバープレート」シリーズも第4弾になりました。今回はちょっとチェンジアップ気味の変化球です。
この会社、HPで調べても「何屋さん」と定義がむずかしいくらい仕事の間口が広く、たぶんこれからも、来た仕事は「はいよ!」と積極的に受けようという心意気を示す番号なのでしょう。いままでのシリーズに比べると、たった2台というのは寂しくても、これからきっとどんどん繁盛して、たくさんの「814」が並びそうな雰囲気です。
678
ただ、やっぱり2台だけじゃなぁ…と思っていたら、こんな並びがありました。
666、77、8008、うーんちょっと苦しいけれど、オマケだからよしとしましょう。これ、会社の駐車場なので、車のオーナー同士は仲良しなのでしょうか。わざわざこの順番で置くのだとしたら、この会社も今後が楽しみです。

<追録> あまり広くない敷地に、あっち向き・こっち向き、ぎっちぎちに入っていて、さらに路駐までしていて、仕方なくこんな切り貼りになりました。あれ? ゼロが一つ多いのがあるのはご愛嬌でしょう。
200605

| | コメント (0)

番外編 : クラウドファンディング(その2)

200301campfire
お騒がせな血筋」がまたやってくれました。 ここにまさか二度にわたって身内のクラウドファンディングのことを載せるなんて、長生きはしてみるもんです。
ただ、血筋は同じでも血の具合は甥っ子の方がずっと優秀で、目標額もデカイ(夢がそもそも大きい)し、現在の集金額もそれなりに形になっています。ウチの娘1号、再挑戦だなんて言わんでいいからな(爆)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧