12月12日(火) フジバカマ

171212hujibakama1
先週載せたお目々パッチリのアキノノゲシに比べると、その綿毛というか種があまりに地味なフジバカマです。さすがに秋の七草、佇まいが和風です。
171212hujibakama2
さてこれをフジバカマと断定するには、例の3裂した葉を確認したいところなのに、あいにくその葉はほぼ原型をとどめていません。対生であることだけはわずかに認められるものの、それだけでフジバカマとするのは無謀です。
タネを明かせば、秋にここでフジバカマが咲いていました。埼玉でも準絶滅危惧種なので、見かけた場所はしっかり記憶しています。
湿った土地が好きで、ときどき攪乱されることが必要という性質は、あのタコノアシと同じです。3年前に見つけた近所の聖地では、去年からタコノアシを見失ってしまいました。ここのフジバカマがそうならないことを祈るばかりです。

過去のきょう 2016 タチツボスミレ 2015 スカシタゴボウ 2014 タコノアシ 2013 オオツワブキ 2012 ヤブタバコ 2011 カマクラヒバ 2010 チョコレートコスモス 2009 ネズミモチ 2008 ツルアリドオシ 2007 カラマツ 2006 エピデンドラム・ラディカンス(洋ラン) 2005 ノゲシ 2004 ヒメリンゴ

| | コメント (0)

12月10日(日) キンミズヒキ

171210kinmizuhiki1
キンミズヒキのヒッツキ虫が大活躍中です。捕まえられてしまったオギの種(綿毛)は、哀れなことに地上に降下することができません。
そうやって他人に迷惑をかけるだけでは飽き足らず、自分のヒッツキ虫をヒッツケちゃうお馬鹿さんまでいて、もうバトルロイヤルですな、こりゃ。
171210kinmizuhiki2
さてそのキンミズヒキの足下を見ると、周囲はもうみんな麦わら色に干からびているのを尻目に、まだ若葉を萌え出させていたりして、タフですな、こりゃ。
170828_1
そんなキンミズヒキの8月末の画像です。細く続く野道を遮断するように、こうして無限花序をのばしてくれて、花の時期から迷惑なお方なのです。
170828_2
同じ日(2017年8月28日)の花のアップです。すでに萎れた花(右端)から蕾(左端)まではこんな寸法で、きれいに開いている花は10個くらいのものです。周囲に迷惑かけまくりのくせに、当人はいたって渋ちんなのです。
そんな花よりも、この写真の見どころは蕾です。なんと、萼の縁にはもう立派にヒッツキ虫がいて、話はめでたく文頭に戻ることができました。

過去のきょう 2016 ウチワゴケ 2015 ストック(アラセイトウ) 2014 ヒメガマ 2013 セリバオウレン 2012 ワラビ 2011 ウワミズザクラ 2010 リコリス・オーレア 200 ヤーコン 2008 チョクザキヨメナ 2007 メグスリノキ 2006 ゴクラクチョウカ 2005 ブルーベリー 2004 フクシア

| | コメント (0)

12月8日(金) コアカザ

171208koakaza
全体の色合いや果穂のつくりがふつうのアカザとよく似ています。違いは草丈で、アカザがしばしば1mほどにもなるのに対し、こちらはせいぜいその半分です。
その丈も勢いが盛りの夏のことであり、いまの時期だと這うように脛の下あたりで、枯れ色ばかりになった野辺にわずかな色味を加えています。
さて色味と言えば、この小型版の方はコアカザだけで「コシロザ」はないのかな?と考えてしまいます。もっとも、ふつう版の方も、学名上はアカザはシロザの変種という扱いで、大ぐくりには一緒に考えてよさそうです。このコアカザも、赤みのないものをコシロザと呼ぶ人もいるようで、鷹揚に構えないとくたびれます。

過去のきょう 2016 オウゴンカズラ(ポトス・エンジョイ) 2015 ハグロソウ 2014 テンニンソウ 2013 オオハナワラビ 2012 ヤブマメ 2011 ネコノチチ 2010 ホソバオケラ 2009 イイギリ 2008 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007 ダケカンバ 2006 コクサギ 2005 サンキライ 2004 ガーデンシクラメン

| | コメント (0)

12月6日(水) アキノノゲシ

171206akinonogesi
綿毛をつけた種が黒くて大きくて、アキノノゲシがこんなお目々パッチリのカワイコちゃんだったなんて知りませんでした。その脇で、開花後にまた閉じた萼がまるでイチジク浣腸みたいです。ん、カワイコちゃんと浣腸、、、イヤな思い出…。
昔、骨折したときのこと、手術に先立って浣腸されたのでした。それはイチジク浣腸なんて生やさしいものではなく、注射器の親分みたいなぶっといヤツでした。そして、それを持ってやって来たのはうら若い看護婦さんでした。
あれってきっと実習みたいなもんで、新人さんの役目なんだろうな、と冷静に思いを巡らすことができるのは時間が経った証拠です。当時はもう恥ずかしいばかりで、白衣の女性を見かけると反射的に目を伏せていたものでした。

過去のきょう 2016 ヘミグラフィス・アルテルナタ 2015 タイワンホトトギス 2014 ツルムラサキ 2013 タチシオデ 2012 ノブキ 2011 ホソイトスギ(イタリアンサイプレス) 2010 フユザンショウ 2009 ハゼノキ 2008 ハウチワカエデ 2007 ソヨゴ 2006 タラノキ 2005 メギ 2004 ダリア

| | コメント (0)

12月5日(火) コヤスノキ

171205koyasunoki
ちょうどひと月前、まだ青くて硬い実を見て、それが割れるタイミングを「半月後」と予測しました。この殻の干上がり具合からして、それは正解だったようです。
ただ、徘徊老人にもなかなか都合というものがあって、超レアなこの木があるこの場所に足が向きませんでした。ドキドキしながら駆けつけて、こんな大正解のシーンを得られたのだから、もう大感激&大興奮、ヨッシャー!です。
今年たった3回訪ねただけで、花を撮り、膨らんだ実をチェックし、輝く真っ赤な宝石まで写せたなんて、最高の僥倖でした。今年の運はこれで使い果たしたでしょうけれど、なあにあと少しすれば新しい年の運が来てくれるはずです。

過去のきょう 2016 アメリカハナノキ 2015 アブラチャン 2014 ツタ(ナツヅタ) 2013 フユザンショウ 2012 バンジロウ 2011 カラミンサ 2010 デンジソウ 2009 コンテリクラマゴケ 2008 チドリノキ 2007 ヒメリンゴ 2006 ツルリンドウ 2005 ナンテン 2004 ネリネ

| | コメント (0)

12月4日(月) ツルマメ

171204turumame1
「もう勘弁してくれ~」というオギの悲鳴が聞こえてきそうです。花のとき豆のときにはこれほど悪辣に周りに絡みついているとは思いもしませんでした。ワタシがもしオギだったなら、息苦しくてきっと発狂していることでしょう。
171204turumame2
そんな悪辣ぶりは蔓だけではなくて、この莢の憎々しげなヒネクレ具合と言ったらありません。小型の枝豆みたいでおいしかった豆は真っ黒に干上がって、バチンと捩れる莢に弾き出される仕掛け(ヤブツルアズキなどと同じ)でした。
これだけの豆がバチン・バチンと飛ばされ続けたら、来年もまたここのオギはグルグル・ギリギリと絡みつかれること必定で、同情の念、しきりです。

過去のきょう 2016 バルボフィラム・エリザベス・アン "バックルベリー" 2015 ハナミョウガ 2014 ハナビシソウ(カリフォルニアポピー) 2013 ヒヨドリジョウゴ 2012 シュロソウ 2011 シマトネリコ 2010 クサボケ 2009 カラスザンショウ 2008 コシアブラ 2007 ハンノキ 2006 センニチコボウ 2005 フユイチゴ 2004 カラスウリ

| | コメント (0)

12月2日(土) マメグンバイナズナ

171202mamegunbainazuna1
「豆」と呼ばれるのは、豆をつけるわけではなくて「小さい」という意味です。比較すべきふつうのグンバイナズナがなかなか見つからなくて、直接の比較はまだなのが悔しいところでも、図鑑的に、たしかにこの実は「ふつう」より小型です。
171202mamegunbainazuna2
加えて、草の背丈も「ふつう」の2/3ほどと豆サイズです。こうして繁く葉をつけて立ち上がった株もあれば、1枚目写真のように花穂が徒長した形もあり、あるいは立ち上がらず這うような姿もあって、これはこの季節に見せる特徴のようです。
080608mamegunbainazuna
かつて初夏に出会ったとき(↑)は、その無限花序の勢いがよく、背丈も脛の下あたりまでありました(撮影:08年6月8日)。このときは土手上の道端で見つけたし、今回は駐車場脇の空き地で撮影していて、わりと慎ましい暮らしぶりです。

<写真の追加> マメグンバイナズナとグンバイナズナを見分けるためのポイントの一つ、種の数を確認しました。マメグンバイナズナの熟した実は触ると簡単に左右に割れ、そのそれぞれに種が1粒ずつ入っています。一方のグンバイナズナは、1室に種が複数個入っています。(2017年12月11日)
Mamegunbai_seed
過去のきょう 2016 クレマチス 2015 シャガ 2014 キバナセンニチコウ 2013 サフラン 2012 球根ベゴニア 2011 早咲きツバキ(西王母) 2010 ナナミノキ 2009 ハダカホオズキ 2008 サンザシ 2007 アラカシ 2006 アメリカツルマサキ 2005 ビワ 2004 ユズ

| | コメント (0)

12月1日(金) セイヨウヒイラギ

171201seiyouhiiragi
12月に入った途端にクリスマスホーリー(流通名)を持ち出すとは、我ながらあざとい所業です。ただ、本当に丁寧に手入れされた木で、あと3週間も待ったら、この美しさに陰りが出てしまうことを心配したのが掲載の舞台裏です。
今回のこのいかにも園芸品という姿に比べると、前に取り上げた1本はかなりワイルドな状態でした。もちろん、セイヨウヒイラギが日本の野山に自生することはなくても、もしかして鳥がこんな場所に種を運んだかと思うに十分な姿でした。
そんな前回の木は大きくて、古い枝には棘の少ない丸っぽい葉もあるのに対し、今回の木はまだ若く、すべての葉が尖っています。こうして異なる状態の木を見ることができたおかげで、類似の渡来品(アメリカヒイラギシナヒイラギ)との見分けについてほんのわずかだけ自信らしきものが芽生えてきました。

過去のきょう 2016 トチノキ 2015 アオキ 2014 カラタチバナ 2013 カカオ 2012 イタビカズラ 2011 ムラサキセンブリ 2010 カンレンボク 2009 コウヤボウキ 2008 イブキジャコウソウ  2007 クヌギ 2006 イヌツゲ 2005 マユミ 2004 ランタナ

| | コメント (0)

11月30日(木) ネズミノオ

171130nezuminoo
先日、ネズミサシを再掲して気づいたことがあります。万事清潔になってしまったこのごろと違い、昔は猫と同じくらい生活に密着していたであろう鼠が、植物の名前には猫ほど登場しないのです。自分が掲載した種類では猫5対鼠3(トウネズミモチを入れても4)、牧野図鑑でも猫11対鼠7と猫に押されています。
そこで判官贔屓の血が騒ぎ、ネズミノオを写してきました。あー、こんなにまっすぐじゃないよねーと思いつつ、触り心地や太さ加減はかなり本物っぽいのです。
自分が子供のころは、仕掛けた鼠取り器に入ったヤツの尻尾をつかむことがまだまだありました。ただ、この草は子供のときには触ったことがなくて、たぶん遊び道具にはならなかったものでしょう。大人になって知った鼠くんです。

過去のきょう 2016 ヤーコン 2015 ゼンマイ 2014 ハナトラノオ(カクトラノオ) 2013 シラン 2012 緑光(りょっこう・四季咲きバラ) 2011 サンタンカ(イクソラ・シネンシス) 2010 ショクヨウギク(料理菊) 2009 シロダモ 2008 ヤブムラサキ 2007 キヅタ 2006 ムクノキ 2005 リキュウバイ 2004 ウインターコスモス

| | コメント (0)

11月29日(水) ヒゼンマユミ

171129hizenmayumi
自分の1カ月なんてどうということもなくノッペッラボウなのに比べると、ヒゼンマユミにとってのこの時間は貴重なものでした。実の形がほぼ完成形にまで近づき、色もはっきりと黄色みを感じさせるようになっていました。
おかげで、1カ月前には「今年は裏年か」と心配した稔り具合がそれほど悪くない枝も見つかりました。ただ、どの枝もこうなのではなく、やはりチラリホラリしか姿を認められない枝もある…というか、そちらが多数派なのです。
さて、山場はここからの1カ月でしょう。1月の末では赤い種が失われていたこと、そして今の色づきがさらに進む頃合いを考えると、どうやらX’masあたりがXデーと予測を立てました。果たしてそのとき、己の眼力の無さを棚に上げて「わーいっぱいじゃん」と喜ぶか、「やっぱり裏年か」と心配的中を喜ぶか、困った喜びの二択です。

過去のきょう 2016 ツタ(ナツヅタ) 2015 サワグルミ 2014 シリブカガシ 2013 マテバシイ 2012 アルテルナンテラ(アキランサス、テランセラ) 2011 ドラゴンフルーツ(ヒモサボテン、ピタヤ) 2010 オオモミジ 2009 センニンソウ 2008 マムシグサ 2007 ヒサカキ 2006 タチバナ 2005 ベニバナボロギク 2004 スイセン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧