1月22日(金) セッコウボク

210122symphoricarpos_albus
スイカズラ科らしく、タマタマがくっついている箇所もあります。あれれ、こっち(嵌め込み画面)に見えるのは花殻ではありませんか。惜しかった~。
あとどれくらい早い時期なら良かったものか、ここまで枯れっ枯れの状態だと、春以降の再訪のためにこの場所を記憶するのが収録目的です。このまま枯れてしまったなんて意地悪はイヤですからね、セッコウボクさん。
そう、この木(Symphoricarpos albus:北米産)の和名はやや変なのです。どこが石膏なのかとキョロキョロするとそうではなくて、雪晃木とお洒落なのです。明るい純白の実が名前のもとと言います。え、ピンクですけど…。
さて、いまのこの色目は萎れたから出てきたものか、それとも「赤い白」もありなのか、いずれ季節が良くなれば判明することでしょう。それまで、ちょっとキザな標準和名に加えて、シラタマヒョウタンボクというそのまんま名前、およびスノーベリーという原産地での呼ばれ方をしっかり覚えるようにがんばってみましょう。

過去のきょう 2020 サラシナショウマ 2019 シュロチクヤシ 2018 ハイゴケ 2017 クサトベラ 2016 キンヨウボク 2015 ヘラオオバコ 2014 カジイチゴ 2013 マテバシイ 2012 フモトシダ  2011 オヒルギ 2010 サンタンカ 2009 ヒメリュウキンカ 2008 チョウセンゴミシ 2007 シュロチク 2006 サンシュユ 2005 イヌビワ

| | コメント (0)

1月17日(日) スノードロップ

210117galanthus_nivalis
あれぇ、スノードロップが実をつけてる!と単純に驚きました。盲点などという高級なものではなく、ただただ「花のあと」を想像していませんでした。
なるほど、自分で植えている人たちは、案外にこの実を育てて種を採っていて、そんな発表ページがいくつか見つかりました。それによると、指の先ほどまで膨らんだ蒴果が黄色いまま割れると、生白い種がたくさん出てくるようです。
問題はその生白さで、春とか秋に播くための保管が無理っぽいのです。つまり、鉢植えの場合、いま埋めて次の冬まで、「なにもない」土を眺めるわけです。さらに、種から育って開花するまでは4年かかるという話もあります。種にもいろんなタイプがあるわけで、こんな贅沢型ははた衛門さんチには全然向きません。

過去のきょう 2020 サガリバナ 2019 タイワンツバキ 2018 ナニワイバラ 2017 メハジキ 2016 アロエ・ベラ 2015 センダン 2014 ノシラン(白実タイプ) 2013 ネコヤナギ 2012 ヒメユズリハ  2011 ブッソウゲ(ハイビスカス) 2010 ナンテン 2009 トウゴマ 2008 チゴカンチク 2007 フクジュソウ 2006 ヒメキンセンカ 2005 カラタチ

| | コメント (0)

1月15日(金) ダンギク

210115caryopteris_incana
10月中旬に花の様子を載せたきりだったダンギクの、渋~い再登場です。これだけ干涸らびるまでのプロセスは見ていなかったものの、こんなに忠実に盛時のままの姿を保って枯れていただくと、ポンペイ遺跡みたいで感心します。
210115caryopteris_incana_seed
蒴果のなかにはゴミのように小さな種が入っていて、その縁には翼とおぼしき薄膜があり、もう半分ほどは風に飛ばされたようです。
種蒔きしてみたいと思わないでもなかったのに、背後から「植える場所なんてもうないわよ」という声が聞こえた気がしました。はい、おっしゃるとおりで、この春に播きたい種はもうすでに何種類かスタンバイしています。ダンギクくんのかわいい芽吹きを楽しむのは、ずっとずっと先のことになりそうです。

<追録> 開いた直径が2mmほどしかない蒴果には4個の種が入っていて、茎が揺れるとたやすくこぼれ落ちます。翼の役目は飛翔することではなく、真下に落ちることを避けるくらいの機能です。
一方、親株から遠く離れるためには種の上側半分についている剛毛が役立ちそうです。いかにも動物の毛に絡まりそうに構えていて、翼と剛毛、二つの移動手段を持つとは、サイズのわりに手の込んだしかけを持つ種です。
210115caryopteris_incana_seed2

過去のきょう 2020 キャッサバ 2019 ミルトニア・バートフィールド・ドロレス 2018 ウグイスカグラ 2017 ウツボカズラ(ネペンテス) 2016 クイーン・エマ・リリー 2015 早咲きツバキ(西王母) 2014 アシタバ 2013 スズメノエンドウ 2012 アメリカヒイラギ  2011 アンスリウム(ラベンダー・レディー) 2010 カミガヤツリ(パピルス) 2009 メキシコラクウショウ 2008 ウメ(八重寒紅) 2007 ホウキイヌツゲ 2006 ブラキカム・マウブディライト 2005 カリフラワー

| | コメント (0)

1月13日(水) ウバユリ

210113cardiocrinum_cordatum
実が割れるのは乾いたからでしょ…と思っていました。単純な人です。
よくよく考えてみれば、「乾く」と「割れる」にはそれほど相関関係があるわけではなく、いくら乾いたところで、そのまま干涸らびる手もあるわけです。それがこうしてパックリとお口を開くには乾く以外の力が必要で、それが実の中心の柱でした。
花が終わったあともここが生長を続け、しかも柱の外側ではなく、内側だけがのび続けるので、柱は三つに割れ、ついには外皮をも裂開させてしまうのです。
ウバユリの生長力がすごいことはすでに見ているし、朔果の巧妙なしかけも知っていたのに、割れるメカニズムにはいまようやく気づきました。けっこう親しんだつもりのウバユリなのに、あと何回、こうやって膝を打たしてくれることでしょう。

過去のきょう 2020 ダイオウヤシ 2019 クサキョウチクトウ(オイランソウ) 2018 タチバナモドキ 2017 オニノゲシとノゲシ 2016 エピスシア・クプレアタ 2015 モクレイシ 2014 モンステラ 2013 ナヨクサフジ 2012 ロウバイ  2011 センダン 2010 ハアザミ(アカンサス) 2009 ハアザミ(アカンサス) 2008 ヒヨドリジョウゴ 2007 ツルウメモドキ 2006 クヌギ 2005 房咲き水仙・ペーパーホワイト

| | コメント (0)

1月12日(火) ハナユ

210112hanayu
ハナユ”ズ”と言わずにハナユで止めるところがお洒落です。花がふつうのユズよりも香り高いところからの命名らしいので、次の花に期待です。
実はユズよりやや小ぶりだそうで、そのせいか、葉が大きめに感じます。一才柚(いっさいゆず)というかわいらしい別名もあって、これは植えてから実をつけるまでがユズに比べて早いことにちなんでいます。
成りが早く、木は大きくなりにくい特性から、庭木に好まれるそうで、いままでノホホンとただのユズだろうと思っていたものも、こちらだったかもしれません。

過去のきょう 2020 マユハケオモト 2019 ベニバナクサギ 2018 ヒメガマ 2017 カシワバアジサイ 2016 イブキ(ビャクシン) 2015 イタドリ 2014 ヘンヨウボク(クロトンノキ) 2013 サイカチ 2012 カシワバハグマ  2011 リュウキュウバショウ 2010 ツワブキ 2009 ハリエニシダ 2008 ロウバイ 2007 ドイツトウヒ 2006 センダン 2005 ロウヤガキ

| | コメント (0)

1月7日(木) ヤクシソウ

210107youngia_denticulata1
超期間限定の登場だったヤクシソウを、初めて10月の枠から解き放ちました。前回記事では「ゴミっぽい」と言い捨てた枯れ姿なのに、今回はけっこう美的でした。
210107youngia_denticulata2
どれどれ…と寄ってみると、わりと硬めの冠毛がピンとのびていて、これが光に輝いていたわけです。ただ、それよりも種の美人度に驚きました。色も形もじつにスッキリ・クッキリです。余計な飛距離よりも、確実な散布狙いなのでしょう。
さあ、こうなるとあとは開花前のお姿を拝見したくなります。とは言うものの、若い葉っぱだけでヤクシソウを見分ける自信はぜんぜんなくて、いまごろ、「あ、あの種を持ち帰って植えればよかった」と激しく後悔しているのでした。

過去のきょう 2020 コルディリネ・テルミナリス・アイチアカ 2019 デンドロビウム・ユキダルマ ”クイーン” 2018 ヤマボウシ 2017 タンキリマメ 2016 ベロニカ・グレース 2015 イイギリ 2014 アネモネ 2013 アマチャヅル 2012 サンシュユ  2011 カンレンボク 2010 イオノプシディウム(バイオレットクレス) 2009 ノリウツギ 2008 オオイヌノフグリ 2007 ニンジン 2006 ザボン 2005 ヒメキンセンカ

| | コメント (0)

1月1日(金) ユリ(カサブランカ)

210101casa_blanca1
朔果の形やサイズはヤマユリを思わせます。ただ、園芸種であって花つきがいい分、枯れたあとの殻も賑やかでした。
さてその豪華な開花の様子は?と過去記事を探したらこれがなくて、正月一日から間抜けを露呈です。今年の夏はぜひここでパシャリといたしましょう。
210101casa_blanca2
というドジ話だけでは締まらないので、朔果の内側に目をやります。ずいぶんと厚手のポテトチップスがまだ残っていました。そう言えば、手作りだというこんな立派なポテチーをこのごろいただきました。トホ、元日から食い気ばかりです。

過去のきょう 2020 ツバキ(日本の誉) 2019 アニソドンテア・マルバストロイデス 2018 ヒゼンマユミ 2017 シンゴニウム 2016 セントウソウ 2015 オオベニゴウカン 2014 ヘクソカズラ 2013 カンアオイ 2012 センジュラン 2011 アカマツ 2010 アカマツ 2009 ヒメコマツ(ゴヨウマツ) 2008 ダイダイ 2007 ハタザクラ 2006 ユズリハ 2005 クロマツ

| | コメント (0)

12月28日(月) アカバナ

201228epilobium_pyrricholophum
これは初めて見る種の飛ばし方でした。4裂した莢の先がグイッと開くと、その各々には綿毛が絡んでいるので、哀れ、種は股裂きの刑です。
なるほど、こうして風を待つと、その方向や強さで種は順番に飛び立つわけです。10カ月前に見惚れたあの芸術品は、この股裂き型種散布システムがその機能を完全に発揮し終えたあとの、「自分へのご褒美」だったのでした。
さらに驚くのは開花から種散布までのスピードです。ようやく咲きだしたのが10月の初旬だったので、ここまで3カ月も要していません。おかげで緑の莢が白茶に変わる様子とか、その先が割れ出すところとか、まんまと見逃してしまいました。来年の11月はアカバナ専従体制だなと思わせてくれる「にくい奴」です。

過去のきょう 2019 メヒルギ 2018 カクチョウラン 2017 オケラとホソバオケラ 2016 ブラサボラ・デビッドサンダー(洋ラン) 2015 メドハギ 2014 ビロードモウズイカ 2013 フユノハナワラビ 2012 ススキ 2011 バラ(シャルル・ド・ゴール) 2010 サンキライ(サルトリイバラ) 2009 イイギリ 2008 ヤツガシラ 2007 ヤブツバキ 2006 サネカズラ 2005 カンアオイ 2004 ブルーデージー

| | コメント (0)

12月25日(金) ヤナギイチゴ

201225debregeasia_orientalis1
赤くなってたしかに苺っぽい実を6月に見ているのに、季節が逆行したこの様子は如何に!?と問えば、答えは「温室だからぁ~」です。関東以南の海沿いに育つこの木も、北陸の地に来れば温室のなかで鑑賞するものでした。
201225debregeasia_orientalis2
おかげで、まだ見たことのなかったこの状態を記録できたし、見上げれば、いままで出会ったことがないほどの大物です。柳っぽさも堪能できました。
あとは花です。春、どこか沿岸部を旅するか、秋口にまたこの温室を訪ねるか、選択肢は増えたものの、どちらも物入りなことではあります。

過去のきょう 2019 ジゴペタルム・マッカイ 2018 アマミヒイラギモチ 2017 カラスザンショウほか(時間差離脱総集編) 2016 フユイチゴ 2015 モクレイシ 2014 サネカズラ 2013 マユミ 2012 モミ 2011 ルメクス 2010 コウヨウザン 2009 クロガネモチ 2008 ハマゴウ 2007 ノササゲ 2006 シロタエヒマワリ 2005 キンメイモウソウチク 2004 ボケ

| | コメント (0)

12月23日(水) コムラサキ

201223callicarpa_dichotoma
ムラサキシキブの洒脱な抜け方に比べると、やはりコムラサキのそれは「小」者だなぁと、少し哀れんでしまいました。あんな風に紫のまま透明になるのは、なかなか高度な技みたいで、白濁した上に茶色くなっては興ざめです。
しかし、そんな酷な評価だけでは申し訳ないので、この写真はムラサキシキブとの見分けポイントの確認という目的にすり替えましょう。葉痕(葉芽)と果実の柄がほんの1mmほど離れています。ムラサキシキブはここがくっつきます。
というノリで昔の「抜けた」写真を確かめたら、そんなことは意識せずに写していて、あらま、困りました。ジトッと探したら、画面中央でボケてはいるものの葉痕と柄が接しているのが見えました。やれやれ、一件落着です。

過去のきょう 2019 ツルバギア・フラグランス 2018 ブーゲンビリア 2017 チョウセンレンギョウ 2016 センダンとエンジュ 2015 アメリカアサガラ 2014 セイヨウキヅタ(ヘデラ・ヘリックス、イングリッシュ・アイビー) 2013 カラスザンショウ 2012 リュウキュウマメガキ 2011 センボンヤリ 2010 シロガネヨシ(パンパスグラス) 2009 マメキンカン 2008 ユキツバキ 2007 ミヤマフユイチゴ 2006 ユリオプス・デージー 2005 スイカズラ 2004 アリッサム

| | コメント (0)

より以前の記事一覧