« 3月2日(土) トゲナシハナキリン | トップページ | 3月4日(月) アリストロキア・エレガンス »

3月3日(日) エクメア・ガモセパラ

240303ae_gamosepala
左側は花後で、つまり赤い筒は萼(注)です。花は右写真の青い部分で、そのいくつかは花びらを開いています。英語圏ではMatch stick plantというくらいで、参考写真を見てもたいがいが蕾状態なので、開いた状態を撮れたのは幸運でした。
などという花談義は自分的には二の次で、惚れたのは葉でした。厚くもなく薄くもなく、くすむでもなくテカるでもなく、じつに自然体で感じ良好です。
ややこしいアナナス(パイナップル科)のなかでもこのエクメア属は多種多彩で、熱帯アメリカに200種前後はあるようです。そのなかから、ここにはショウジョウアナナスシマサンゴアナナスに続いて3番目の登場となりました。さすがに「マッチ棒草」とは呼べないようで、名前はあまり「感じ良好」ではありません。

<補注> 種小名のガモセパラ(gamosepala)は合弁萼(合萼)の意味なので、赤い筒状の萼はこのエクメアの大切なアイデンティティーです。

過去のきょう 2023 タンヨウパナマ 2022 ルエリア・マコヤナ 2021 タロコキブシ 2020 パボニア・インテルメディア 2019 マツリカ 2018 チャセンシダ 2017 ユーフォルビア・プニケア 2016 ヘラシダ 2015 ヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ) 2014 アサヒカズラ 2013 ミッキーマウスノキ(オクナ・セルラタ) 2012 ウメ(白梅) 2011 シナマンサク 2010 ゴールデンクラッカー 2009 オオカンザクラ 2008 ボクハン 2007 ヒトツバ 2006 オオバイノモトソウ 2005 八重カンヒザクラ

|

« 3月2日(土) トゲナシハナキリン | トップページ | 3月4日(月) アリストロキア・エレガンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月2日(土) トゲナシハナキリン | トップページ | 3月4日(月) アリストロキア・エレガンス »