« 番外編 : 大谷くんの貢献度 | トップページ | 12月6日(水) ホソバクリハラン »

12月5日(火) アメリカスズカケノキ

231205pl_occidentalis
アメリカスズカケノキの紅葉を見上げながら、唯ちゃんの躍動する姿を連想してしまいました。ウェストハムもマンチェスターも、なぜかユニフォームの色が葡萄茶基調で、最初は目が馴染まなかったのに、いまや「憧れ色」です。
それにしても、スズカケ姉妹のなかでこれだけ豊かに葡萄茶(注)色を見せるのはアメリカ版だけです。ふつうのスズカケノキモミジバスズカケノキも、感じとしては緑がだんだん汚くなるばかりで、気がつけば枝はすっかり淋しくなっています。
3種の生い立ちは冒頭のリンク先で述べていて、こういうのも「氏より育ち」と言うのかと浅はかなことを考えました。そして浅はかついでに、葡萄茶の葉が風に翻るたび、唯ちゃんが相手をクルッとかわしてパスを出すシーンを重ねるのでした。

<補注> 葡萄茶(えびちゃ)は海老茶とも書かれますが、本来はエビヅルに由来しており、その「エビ」はブドウの古名です。つまり葡萄のような赤茶を指すのが色名の意味であり、海老の殻も赤茶なので混乱しますが、ここでは本来の字をあてておきます。

過去のきょう 2022 モノレナ・プリムリフローラ 2021 リプサリス・ラウヒオルム 2020 クスドイゲ 2019 ベニツツバナ(オドントネマ・ストリクツム) 2018 コバンノキ 2017 コヤスノキ 2016 アメリカハナノキ 2015 アブラチャン 2014 ツタ(ナツヅタ) 2013 フユザンショウ 2012 バンジロウ 2011 カラミンサ 2010 デンジソウ 2009 コンテリクラマゴケ 2008 チドリノキ 2007 イヌリンゴ 2006 ツルリンドウ 2005 ナンテン 2004 ネリネ

|

« 番外編 : 大谷くんの貢献度 | トップページ | 12月6日(水) ホソバクリハラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 大谷くんの貢献度 | トップページ | 12月6日(水) ホソバクリハラン »