« 7月1日(土) カレクス・グライ | トップページ | 番外編 : 水無月モドキ »

7月2日(日) キササゲ

230702ca_ovata
ふつうに言えば「なんか汚い」画像でも、自分にとってはお宝です。キササゲが花から実に移行する、その絶妙のタイミングに遭遇することができました。
以前取り上げた花の写真にも、じつは実が写っていました。しかしそれは前年の実で、枯れっ枯れの茶色でした。対するに今回は赤ちゃんから大学生レベルまで、長短さまざまな寸法の新鮮な莢が見放題でした。
写真の上部に見える幼い実がわかりやすくて、花の残骸は莢の先端にへばりついています。萼は莢の付け根側にあり、上位子房タイプと確認できます。
それは秋に撮った実の写真でもわかっていたことなのに、こうして念押しの様子をジトッと眺めて、ほのぼの微笑んでいるのだから天下太平です。

<補注1> キササゲの名の元であるササゲを収録しました。(2023年7月21日
<補注2> 1カ月半後、オオアメリカキササゲ(ハナキササゲ)が実をぶら下げている様子をとらえました。(2023年8月17日

過去のきょう 2022 グロッバ・スコンブルギー(ダンシングガールジンジャー) 2021 ピンクカサブランカ 2020 ヤブカラシ 2019 クサレダマ 2018 カイノキ(ランシンボク) 2017 トウネズミモチ 2016 オウゴンマサキ 2015 サンゴシトウ(ヒシバデイゴ) 2014 オゼコウホネ 2013 カシワ 2012 ツノゲシ 2011 トウグミ 2010 ネムノキ 2009 キンコウカ 2008 モモノハギキョウ 2007 ヤマユリ 2006 テリハノイバラ 2005 ツルハナナス 2004 ノウゼンカズラ

|

« 7月1日(土) カレクス・グライ | トップページ | 番外編 : 水無月モドキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月1日(土) カレクス・グライ | トップページ | 番外編 : 水無月モドキ »