« 6月25日(日) イヨカズラ | トップページ | 6月27日(火) オシダ »

6月26日(月) オオツリバナ(&ツリバナ)

230626eu_planipes
「おお(大)」と冠をもらうほど、ツリバナとの有意差はあるかと悩みます。木の高さ(3~4m)も、葉の広さも、実のボリウムも、おっつかっつなのです。
ただ、オオツリバナ(↑)の実には明らかな稜があって、そこが出っ張っている分だけ、ツリバナ(↓)の丸い実よりは嵩が増して見えます。
230626eu_oxyphyllus
それを頼りに葉を比べると、オオツリバナの先端はキュッと尖ってのびていて、そこがごく穏やかに収まるツリバナの葉よりは「+α」があります。(注)
そんなこんなで、オオツリバナではなくケレン(外連)ツリバナと呼んでやろうかと悪態が出ます。しかし、そのうち本当に大きなオオツリバナに出会って平伏するというお決まりコースは見えているので、いい名前だねと口を拭っておきましょう。

<補注> 過去ファイルのなかにツリバナの葉裏を写したもの(↓)がありました。この一枚に限らず、「オオ」ではないツリバナの葉も、先はわりと急に尖ります。本文の該当部分を書いたときは、オオツリバナの最大葉幅と尖頭部分の細さの対比が印象的すぎたため、「ふつう」の方の窄まりが緩やかに見えてしまいました。
いま、あらためて見れば、ツリバナの葉先は十分に鋭頭と言える部類なので、記事の該当部分は削除扱いとします。(2023年8月18日 写真は2014年8月31日撮影)
Var_oxyphyllus140831

過去のきょう 2022 カセンソウ 2021 サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ) 2020 ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン) 2019 トマト 2018 コバンノキ 2017 アメリカスズカケノキ 2016 トサミズキ 2015 サルビア・ミクロフィラ(チェリーセージ)・ホットリップス 2014 コウホネ 2013 ハマナス 2012 ムラサキツメクサ 2011 ウチワサボテン 2010 イヌウメモドキ(雄株) 2009 シコタンソウ 2008 ヒメカイウ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ヤポンノキ 2005 ガクアジサイ 2004 モッコク

|

« 6月25日(日) イヨカズラ | トップページ | 6月27日(火) オシダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月25日(日) イヨカズラ | トップページ | 6月27日(火) オシダ »