« 番外編 : ウポポイでウホホイ | トップページ | 番外編 : 札幌・夜パフェ事情 »

10月29日(土) チョウセンゴミシ

221029chinensis
この真っ赤な房の存在を知ったのは、14年前の冬でした。ただし、見たのはハガキに書かれた絵であって、以来、春の可憐な花しかとらえられずにいました。
その「幻の実」にウポポイで会えました。もっとも、それはアイヌの植物を並べて栽培しているスペースでのことで、自然の藪ではなかったのが心残りです。
いやいや、贅沢は言いますまい。かなり萎びかけてはいても、鳥にも啄まれず、はた衛門を待っていてくれたことには感謝しかありません。
知床の浜でウンランに目頭を熱くしてから7年、北の大地はさすがです。さてそのウポポイはいかなるものだったか…はきょうの番外編にメモっておきました。

過去のきょう 2021 チャンチン 2020 キンカチャ 2019 ルリマツリモドキ 2018 ウメガサソウ  2017 ノコンギク 2016 ダルマギク 2015 アブラススキ 2014 イヌコウジュ 2013 ノササゲ 2012 マテバシイ 2011 シマトネリコ 2010 ヒヨドリバナ 2009 アツバキミガヨラン 2008 コバノガマズミ 2007 マルメロ 2006 アッサムニオイザクラ(ルクリア) 2005 ミセバヤ 2004 モクレン(類)

|

« 番外編 : ウポポイでウホホイ | トップページ | 番外編 : 札幌・夜パフェ事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : ウポポイでウホホイ | トップページ | 番外編 : 札幌・夜パフェ事情 »