« 9月26日(月) ユウスゲ | トップページ | 9月28日(水) トウオオバコ »

9月27日(火) アイギョクシ(カンテンイタビ)

220927var_awkeotsang
タイトルのアイギョクシは漢字だと愛玉子で、この植物の中国名です。その3文字を台湾ではオーギョーチと発し、プルンプルンのデザート(↓)になります。
寒天状の透明ゼリーにはほぼ味がなく、シロップの味が決め手です。かつて故宮博物院でお昼をいただいたときは、王道のレモン味でした。
さて、この無骨な実がどうして透明ゼリーになるか?です。イチジク属なので、このなかはイチジクそっくりにツブツブ状態で、干したその種を水のなかでモミモミすると次第にとろみが出て、冷やすとゼリーに…という仕掛けです。
いったい誰がそんなことを思いついたものか、日本でも無駄に枯れていくイチジクをそんな風に活用できないものか、などなど、ボンヤリ考える爺さんです。

<追録> 愛玉子をネットで買えたので、オーギョーチを自作してみました。
写真左端が開封した状態、中央はそれを綿布に入れ、水中で揉んでいるところ、右端は10分後にその水が茶色になりドロンとした様子です。
0929awkeotsang
冷蔵庫で1時間、かなりの固さのゼリーができました。それをテキトーにとりわけ、王道のレモン&蜂蜜味(右)、そしてきな粉+黒蜜味(左)を試作しました。
P9290024コメンテーターによれば、後者は「信玄餅だもんねー」だそうで、こういうものはやはり王道に限るのでしょう。かつ、ワタシの味付けでは甘みが不足だったようで、追い蜂蜜をしながら楽しんでいらっしゃいました。(2022年9月29日)

過去のきょう 2021 オキシデンドルム・アーボレウム(スズランノキ) 2020 オオウラジロノキ 2019 ヤマアジサイ 2018 ヤツマタオオバコ 2017 ステゴビル 2016 ヤブマメ 2015 コモチシダ 2014 ラクウショウ 2013 ヒガンバナ 2012 ダンコウバイ 2011 シラカシ 2010 イガオナモミ 2009 ヤブラン 2008 アメリカアゼナ 2007 ミズカンナ 2006 ヒデリコ 2005 ホオノキ 2004 ペンタス

|

« 9月26日(月) ユウスゲ | トップページ | 9月28日(水) トウオオバコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月26日(月) ユウスゲ | トップページ | 9月28日(水) トウオオバコ »