« 7月25日(月) セイヨウサンシュユ | トップページ | 7月27日(水) カワイスギ »

7月26日(火) コモウセンゴケ

220726spatulata
これまで葉が長いタイプのモウセンゴケ(↓)しか見てこなかった目からすると、まるでバラのよう…は言い過ぎとしても、かなり整った見映えです。
このまま冬越しをする常緑性で、寒くなるともっと赤色がきれいだそうです。ならば夏はどうかと言うと、花の季節に該当しています。しかし、そんな気配はどこにもなくて、気を散らさずに肝心の葉をしっかり見なさいということでしょう。
虫を捕らえたのか、いくつかの葉が折りたたまれていて、愛嬌の裏に潜んだ逞しさというか怖さを誇示していました。虫に生まれなくて幸運でした。

<過去掲載のモウセンゴケ類・和名50音順>アフリカナガバモウセンゴケ ☆ サスマタモウセンゴケ ☆ ナガバノモウセンゴケ

過去のきょう 2021 バンドーム(オリエンタルユリ) 2020 ヘリアンフォラ 2019 ウバユリ 2018 カキノキ(枝垂れ柿) 2017 フユイチゴ 2016 ツタウルシ 2015 コバノギンバイカ 2014 ツチアケビ 2013 ミズナラ 2012 コミカンソウ 2011 アレチマツヨイグサ 2010 シカクヒマワリ 2009 ルドベキア・ニチダ 2008 クララ 2007 ルリタマアザミ 2006 セリ 2005 コンロンカ 2004 カクレミノ

|

« 7月25日(月) セイヨウサンシュユ | トップページ | 7月27日(水) カワイスギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月25日(月) セイヨウサンシュユ | トップページ | 7月27日(水) カワイスギ »