« 3月29日(火) カラテア・バケミアナ | トップページ | 失敗編 : ゲンゲ(レンゲソウ) »

3月30日(水) ニシキモクレン

220330soulangiana
9カ月待ちました。この木のことは忘れていませんでした。優秀です。
ただ、結果に意外性はなくて、このとおりニシキモクレンでした。あの疑惑記事に補注したとおり、ニシキと正体が割れていた別の場所の木と併せ、ニシキには二度咲き性が潜んでいると言えそうです。母種であるシモクレンとハクモクレンではついぞ見たことのない現象で、お得というか鬱陶しいというか、タフネス・ニシキです。
…とからかうばかりでなく、学習もしておきます。萼がシモクレンとハクモクレンのちょうど中間の形態でした。花びらが開くとき、萼は情けなく萎れて垂れ下がるのがシモクレン、対してハクモクレンの萼はほとんど花びらと同じです。
開花時期が二つの中間、花びらの表裏に二種それぞれの色、そして萼まで両方を足して割った形だなんて、ニシキくん、とても律儀な子なのでした。

過去のきょう 2021 チューリップ・フミリス 2020 マキシラリア・サンデリアナ 2019 ボケ(金鵄殿) 2018 シダレヤナギ 2017 ドクウツギ 2016 アンズ 2015 ニワザクラ 2014 フリージア 2013 カミガヤツリ(パピルス) 2012 ヤエムグラ 2011 アジサイ 2010 モミジバスズカケノキ 2009 ミミガタテンナンショウ 2008 ヒサカキ 2007 ハナカイドウ 2006 ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ) 2005 ベニバナトキワマンサク

|

« 3月29日(火) カラテア・バケミアナ | トップページ | 失敗編 : ゲンゲ(レンゲソウ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月29日(火) カラテア・バケミアナ | トップページ | 失敗編 : ゲンゲ(レンゲソウ) »