« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

3月31日(木) ハマカンザシ(アルメリア)

220331armeria_maritima
見た目が愛らしいし、その割に丈夫だし、次から次と花が咲きます。園芸植物としての有用性はかなり高いランクに位置づけできます。
和名をハマカンザシというとおり、欧州の海岸に育つそうで、強風に適応して個々の花は小さく、葉は細く、背は低め(15~20cm)です。ただ、2,000m級の高山にも分布するそうで、ルックスに反してしたたかです。
アルメリア(属)には仲間がいろいろあって、そのなかで入手しやすいのはこのマリチマで、夏まで元気に咲き続けます。上述した特性はマリチマ限定で、ほかの品種だと背が高いとか花や葉が大きいとかするようです。

<補注> かわいい見かけに反し、細部はやや複雑です。(2022年4月4日

過去のきょう 2021 コヤスドウダン(ホンコンドウダン) 2020 オオヤマザクラ 2019 エリオステモン・ディフォルミス 2018 セイヨウオキナグサ 2017 ヒナギク(デージー) 2016 ソライロキキョウアヤメ(アリステア・エクロニー) 2015 スギナ 2014 ユリノキ 2013 オオムラサキ(オオムラサキツツジ) 2012 ジンチョウゲ 2011 エゾムラサキツツジ 2010 リビングストンデージー 2009 ヤブサンザシ(雌) 2008 サラサレンゲ 2007 オオシマザクラ 2006 クロモジ 2005 ヤマモモ

| | コメント (0)

失敗編 : ゲンゲ(レンゲソウ)

220331astragalus_sinicus1

恥の記録です。秋に播いた種がスクスク育ち、玄関前をレンゲソウの花で埋める「予定」だったのに、哀れ、小さな花瓶を賑わすに止まりました。
半月前に心配したように、徒長が過ぎました。ヤバイなぁと思っていたら、ものすごい風が吹き荒れる日があり、茎同士がワヤクチャにこんがらがって、立て直そうにもなんともなりません。しかたなく、その時点で開花していた茎を摘み取り、残りは切り戻し措置としました。ゲンゲの切り戻しなんて聞いたことがありません。
220331astragalus_sinicus2

悔し紛れの経過写真です。半月前に見つけた花芽は、以降、どんどん数を増し、グイッと花筒をのばし、見る間に賑やかに開き出しました。
そこにあの憎い風でした。というより、遅かれ早かれグチャグチャの結果は見えていた気がします。原因は追肥のやり過ぎと日照不足だと思います。やはり野に置けレンゲソウ、今度は近くの田んぼに勝手に種蒔きすることにしますヾ( ̄ ̄*)。

<補注> 根粒を確認して栽培記録を終えました。(2022年5月4日

| | コメント (0)

3月30日(水) ニシキモクレン

220330soulangiana
9カ月待ちました。この木のことは忘れていませんでした。優秀です。
ただ、結果に意外性はなくて、このとおりニシキモクレンでした。あの疑惑記事に補注したとおり、ニシキと正体が割れていた別の場所の木と併せ、ニシキには二度咲き性が潜んでいると言えそうです。母種であるシモクレンとハクモクレンではついぞ見たことのない現象で、お得というか鬱陶しいというか、タフネス・ニシキです。
…とからかうばかりでなく、学習もしておきます。萼がシモクレンとハクモクレンのちょうど中間の形態でした。花びらが開くとき、萼は情けなく萎れて垂れ下がるのがシモクレン、対してハクモクレンの萼はほとんど花びらと同じです。
開花時期が二つの中間、花びらの表裏に二種それぞれの色、そして萼まで両方を足して割った形だなんて、ニシキくん、とても律儀な子なのでした。

過去のきょう 2021 チューリップ・フミリス 2020 マキシラリア・サンデリアナ 2019 ボケ(金鵄殿) 2018 シダレヤナギ 2017 ドクウツギ 2016 アンズ 2015 ニワザクラ 2014 フリージア 2013 カミガヤツリ(パピルス) 2012 ヤエムグラ 2011 アジサイ 2010 モミジバスズカケノキ 2009 ミミガタテンナンショウ 2008 ヒサカキ 2007 ハナカイドウ 2006 ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ) 2005 ベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

3月29日(火) カラテア・バケミアナ

220329bachemiana
葉色がかなり苦しげで、ご本人にしてみれば「やめてよね!」でしょう。撮られたくない気持ちはわかりつつ、花を見つけてしまって、万止むを得ず…。
それにしてもATOKさん、「ばんやむをえず」は「晩やむをえず」ですか。「ばん」に「万」を当ててこないのは仕方なくても、「やむを」は変換してくださいよね。「やむ」だけだと「止む」と変換できるのに、「を」が邪魔みたいです。
おっと、カラテアです。13番目の収録となり、「新種発見」も少し苦しげです。お顔色が優れないのに登場いただいたバケミアナには、次回はお化け(バケミアナだけに・涙)みたいな花に惑わされることなく、美麗な葉だけ写すことを誓います。

過去のきょう 2021 シダレハナズオウ 2020 カランコエ・月兎耳 2019 ヤグルマギク 2018 ゲジゲジシダ 2017 フキ(ふきのとう) 2016 レリア・アンシバリナ(洋ラン) 2015 オオベニウチワ(アンスリウム・アンドレアナム) 2014 ハシバミ 2013 ニワウメ 2012 クヌギ(雄花の芽) 2011 コノテガシワ(センジュ) 2010 ヒアシンス 2009 アーモンド 2008 ニシキモクレン 2007 カラシナ 2006 アマナ 2005 キブシ

| | コメント (0)

リベンジ編 : クロモジの雌花

220329lindera_umbellata_f
きのうに続いてヨッシャー!で、8年前の嘆き節にサヨウナラです。
これならクロモジの雌花のつくりがしっかりわかります。まず開口径は全開で5mmくらい、そしてパーツがみな同系色です。もう意地悪でしかありません。
かろうじて、雌シベが透明の白で、雌雄の見分けはここが頼りです。面白いのはそれを囲む黄色い出っ張りで、これがすべて仮雄シベです。
雌シベを囲む大きめの3個は腺体を持っていて、これが集客係でしょう。さらにそれを囲む6個の小突起はそういう機能を失った仮雄シベで、賑やかしというかついでというか、特に用は無いのに、マジメな顔して出っ張っています。

| | コメント (0)

3月28日(月) クサトベラ

220328taccada
ヨッシャー!でした。ナウパカ・カハカイの首がマフラーで覆われていたのに首を傾げてからちょうど2年、トロいはた衛門としては超速の問題解決です。
このクサトベラも、そしてあのナウパカ・カハカイも、どちらもスカエボラ属です。こういう毛を生やしたい血統なのだとわかっただけで満足です。
ただし、この毛がなんなのかはサッパリです。両者にこの毛を見たのがまったく同じこの季節であること、そしてクサトベラで言えば、ほかの季節にはまったく気づかなかったことからして、季節的な要因であることは想像できます。
葉柄(や葉痕)ごとに生えているように見えるし、季節のことも併せ考えると、葉を守る苞の役割だろうか…というのがいまのところの推量です。

過去のきょう 2021 セロリ(スープセロリ) 2020 カツラ 2019 ヒイロタケ 2018 マメザクラ 2017 シラハトツバキ 2016 ハコネウツギとニシキウツギ 2015 フユザンショウ 2014 アミメグサ(ベニアミメグサ) 2013 ミスミソウ(ユキワリソウ) 2012 ヒロハアマナ 2011 アケボノアセビ 2010 メタセコイア(雌花) 2009 オランダカイウ(カラー) 2008 ミズバショウ 2007 ヘビイチゴ 2006 ハナノキ 2005 モモ(ハナモモ)

| | コメント (0)

3月27日(日) ミツガシワ

220327
花が咲いてくれないと存在に気づくことができなかったのに、開きかけた3枚の葉だけでミツガシワとわかるようになったことに自己満足です。ただ、葉芽とは違う臙脂色の粒々物体のこの先が想像できなくて、ややションボリです。
かつての記事を振り返ってみたら、4月の中旬に花の咲き始めをとらえていて、その花穂の先にこの物体がしっかり写っていました。花蕾です
咲いてしまうと毛むくじゃらで真っ白で、いったいいまの時点のこの赤さはどこに消え失せてしまうのか、赤と白のギャップに独り受けです。

過去のきょう 2021 コクサギ 2020 チランジア 2019 グレビレア・ピグミーダンサー 2018 ヒロハハナヤスリ 2017 ツクシチャルメルソウ 2016 オオムギ(六条大麦) 2015 アマナとヒロハノアマナ 2014 タカトオコヒガン 2013 ジャボチカバ(キブドウ) 2012 モクレイシ 2011 ユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ) 2010 メタセコイア(雄花) 2009 ヤブサンザシ 2008 キブシ 2007 ミツマタ 2006 ザゼンソウ 2005 ヒュウガミズキ

| | コメント (0)

3月26日(土) ヒガンダイザクラ

220326daizakura_r
ほかの桜はみな、これ見よがしに咲き誇るなか、自分の花を人目に晒すことはあまりないという奥ゆかしい樹種です。名前のダイは「大」ではなくて「台」、つまり、この桜はほかの桜を接ぎ木するときの台木に使われるのです。
そんな役目の桜があったなんて初めて知ることです。縁の下の力持ちというか黒子というか、どんな社会にも必要なのだとしみじみ眺めました。
エドヒガン系の桜の育成にこれが使われるのだそうで、ということはほかの系統にはまた別の「台桜」があるらしく、さすがに深い世界です。

過去のきょう 2021 オオバキスミレとナエバキスミレ 2020 キリシマミズキ 2019 ヒメドクサ 2018 マルバマンサク 2017 ダンコウバイ 2016 マンサク 2015 ツノハシバミ 2014 ヒマラヤユキノシタ 2013 フラサバソウ 2012 シュンラン 2011 ハッカクレン 2010 ハチジョウキブシ(雌花) 2009 フッキソウ 2008 キュウリグサ 2007 ダイコン 2006 シンビジウム 2005 チューリップ

| | コメント (0)

3月25日(金) ユーフォルビア・ウルフェニー

220325wulfenii
先日取り上げたブラックバードが緑色に戻ってしまったかのような姿です。たしかに同じユーフォルビア仲間なので、茎葉の作りは一緒です。
ただ、咲き始めた花も含め、こちらには一切の黒みや赤みがありません。♪グリン・グリーン…という歌を口ずさみそうに、すべて緑でコーデです。
素性としては、ユーフォルビア・カラキアス(E. characias)の亜種でwulfeniiということで、園芸種ではないことになります。カラキアスの腺体(苞のなかに見える三日月形パーツ)は臙脂色なのに比べ、ウルフェニーのそこは黄緑です。
ウルフェニーという亜種名はProfessor Wulfenへの献名で、ほかにも彼の名を戴く植物はあるようなので、覚えておかなくてはなりません。

<補注> 妙に派手な仲間がいました。(2022年4月4日

過去のきょう 2021 ガビアオキ 2020 ムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ) 2019 ロドレイア・チャンピオニー 2018 ハクサイ 2017 ヒメウズ 2016 キクバオウレン 2015 マツバラン 2014 ウグイスカグラ 2013 オトコヨウゾメ 2012 カワヅザクラ 2011 フチベニベンケイ(カネノナルキ) 2010 ハオルチア・オブツーサ(雫石) 2009 カランコエ・ラクシフロラ 2008 ハナノキ(雄花) 2007 ナツグミ 2006 シュンラン 2005 フッキソウ

| | コメント (0)

3月24日(木) シラヌヒ

220324shiranui
あのシラヌヒの木です。こんな大枝の切除現場は見られなかったものの、ごく近所なので、切り口がまだ新鮮なうちに撮影できました。
白くて、肌理が細かくて、とても美しい材です。ただ、偏心がすごい(年輪の中心が上方に大きくズレ)のが気になります。気候のせいか、この木だけの性格か、シラヌヒの材質の解説などおいそれと見つからなくて、とりあえず眺めるだけです。
実際、シラヌヒも含めて柑橘類の材はほとんど利用例が見つかりません。かつては薪に利用したものの、いまはそんな需要もなく、焼却処分が主のようです。樹皮も味わいがあるし、工芸品や玩具に向いていそう…と無責任に考えました。

過去のきょう 2021 プルモナリア・ブルーエンサイン 2020 クヌギ 2019 タマシダ 2018 ツゲ(ホンツゲ) 2017 イボタノキ 2016 モモ 2015 カラミザクラ(シナミザクラ) 2014 ハナニラ 2013 コバノオランダガラシ(クレソン) 2012 ノシラン 2011 サワラ 2010 スノーフレーク 2009 ヒサカキ 2008 キクラミネウス水仙・ジャンブリー 2007 ゼンマイ 2006 カツラ(雄花) 2005 ヒアシンス

| | コメント (0)

3月23日(水) ナガミヒナゲシ

220323papaver_dubium
さすがにクサノオウは寒いうちから元気なもんだ…と道端(写真右側の草むら)を眺めて立ち止まったら、待て待て、この葉はちょっと違います。そして、おいおい、もう花芽が立っています。この蕾、ナガミヒナゲシではありませんか?
やや疑いつつ視線を漂わせたら、うわ、この色(写真左側の花芽)です。ここまで花びらの色が透けて見えていたら、きょうあすにも開花でしょう。
過去最速のナガミヒナゲシ掲載は4月30日でした。ずいぶん昔のことで、当時からナガミヒナゲシの開花を気にかけていたわけもなく、たまたま目についたのでしょう。したがって比較にはならないとしても、この問題児、驚きの耐寒力です。

<追録> 翌日朝、すでに花びら3枚が散っていました。(撮影:2022年3月24日)
220324

過去のきょう 2021 ゲンカイツツジ 2020 ナウパカ・カハカイ 2019 ツバキ(ナイトライダー) 2018 カイワレダイコン 2017 アルアウディア・アスケンデンス 2016 ソラマメ 2015 ヒロハノアマナ(ヒロハアマナ) 2014 コシノヒガン 2013 コブシ 2012 ウメ(西王母) 2011 クロッカス 2010 ハルニレ 2009 トキワイカリソウ 2008 フサアカシア 2007 セントウソウ 2006 カンスゲ 2005 ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

| | コメント (0)

3月22日(火) オカメザクラ

220322okame
萼筒がこれだけ真っ赤なので、木全体は「賑やか」です。しかし、その眺めにはサクラに必要な「華やか」さが欠けていて、存在がなんとなくチグハグです。
その原因の一つは木の小ささで、この品種は3mくらいにしかなりません。撮影場所には2本あって、どちらも背丈くらいしかありませんでした。
また、俯いたまま開ききらない花びらも寂しさの原因です。これは片親であるカンヒザクラの性質です。一方、背丈の不足は交配相手のマメザクラ似です。
ただ、派手好みの自分の尺度でここまで述べたものの、これらの性質はそのままポジティブに裏返すこともできます。そして、関東大震災後の日本から桜が失われることを憂えたイギリスのお人が、種々の桜をご自宅に保存しつつ、この桜を作り出したという逸話を知るに及び、この花のように頭を垂れて感謝する次第です。

過去のきょう 2021 インコアナナス 2020 サンセベリア・バキュラリス・ミカド 2019 ルリゴクラクチョウカ(ストレリチア・ニコライ) 2018 ヤマトレンギョウ 2017 サボテン(マミラリア・ラウイ・ダシアカンサ) 2016 シロモジ 2015 アマメシバ 2014 ローダンセマム・アフリカンアイズ 2013 セツブンソウ 2012 ヤマアイ(雄花) 2011 アカシデ 2010 パンノキ 2009 ヤドリギ 2008 ミニアイリス 2007 タアツァイ 2006 コノテガシワ 2005 ダンコウバイ

| | コメント (0)

3月21日(月) アストランチア

220321astrantia1
初めて見た花で、雰囲気がお洒落です。欧州からもたらされたセリ科の多年草で、日本ではまだ広くは栽培されていないようです。
アストランチア(Astrantia)という名は星に通じていて、派手に開く花苞からのネーミングです。そう言えばアスタリスク(Asterisk=*記号)も同源です。
220321astrantia2
本当の花はごく小粒(1~2mm)です。雌雄同体のものと雄性だけのものがあるらしくても、そんなものかなと思うにとどめておきます。
また、Astrantia属にはいくつかの種類があり、写真のものはA. majorです。このマヨールだけを属名で呼んでしまうと、ほかの仲間を呼び分けるとき困るのに、アストランチアは標準和名としてこのマヨールに用いられています。

過去のきょう 2021 センカクツツジ 2020 ナツメヤシ 2019 グレビレア・ロビンゴードン(ハゴロモノマツ) 2018 ゴボウ 2017 ミケリア・プラティペタラ 2016 ニガナ 2015 ヤマネコノメソウ 2014 キブシ 2013 オトメツバキ 2012 カジイチゴ 2011 オウバイモドキ(ウンナンオウバイ) 2010 チトセラン2種(サンセベリア) 2009 クサイチゴ 2008 アネモネ 2007 チンゲンサイ 2006 アブラナ 2005 ツクシ

| | コメント (0)

3月20日(日) ベニコブシ(ヒメシデコブシ)

220320
コブシとモクレンの見分けの定番ポイントのおさらいです。開花に葉が伴うのがコブシ、それがないのはモクレン、ずいぶん昔に覚えたことです。
ただ、その葉がどこから出ているの?とは、当時、考えませんでした。いまになってヒメシデコブシ(注)の開花をしみじみ眺めていたら、あーら、葉は割れた芽鱗のなかに格納されていたのでした。つまりコブシ類の頂芽も混芽タイプでした。
受け売りで覚えたことと我がまなこで気づいたこと、どちらも知識であるには違いなくても、知っているうれしさレベルが違います。淡いピンクの花びらが、きょうは例年よりもいっそう雅やかに目に映ります。

<補注> ヒメシデコブシとベニコブシ、どちらの名前もYListには収録がありません。シデコブシの別名がヒメコブシであり、一方、ベニコブシという名前は素性の違う別種にも使われているというややこしい事情があります。
ただ、ここに掲げた写真のシデコブシ由来(変種)の赤花種はベニコブシと呼ぶ方がメジャーのようで、今回を機会にこのブログでも標題のような記載順とします。

過去のきょう 2021 センカクアオイ 2020 エスキナンサス・クリムゾンベル 2019 ストレプトカルパス・サクソルム 2018 バルサ 2017 ハッカクレン 2016 アブラチャン 2015 アカシデ 2014 熱帯スイレン 2013 バイモ 2012 フキ(ふきのとう) 2011 コノテガシワ 2010 ソシンカ 2009 クサボケ 2008 房咲き水仙・グランドモナーク 2007 カブ 2006 スズメノカタビラ 2005 ハクモクレン

| | コメント (0)

3月19日(土) ミドリハコベ

220319stellaria_neglecta
新鮮な若葉や茎がおいしそう!と生唾を飲んだのではなく、愛おしそうに花芽をくるんだ幼い葉が切なくて撮りました。「葉々の愛」…今朝は冷えます。
葉が苞の役割をすることは、かつてカタクリでも見ました。厳密に役割分担する草木がある一方、できることは兼務する草木もあって、興味が尽きません。
そうして開いた花びらのなかにたくさんの雄シベが見えます。同じように早春に萌え出すコハコベの雄シベは少なくて、一つの見分けポイントです。
さて、かつてミドリハコベの開花は2月中旬に収録しています。それがなぜ1カ月も遅い再登場かと言うと、ここは北西向きの斜面だからです。お陽さまを遮るものとてない田んぼで撮った昔の写真は、いま見るといかにも脳天気です。

過去のきょう 2021 ブルーベリー 2020 ヒメオニソテツ 2019 カエンボク 2018 オオシロショウジョウバカマ 2017 オオバベニガシワ 2016 リュウキュウベンケイ 2015 ミミガタテンナンショウ 2014 ヘンヨウボク(クロトンノキ) 2013 アメリカハナノキ(雄株) 2012 コリヤナギ 2011 オオイヌノフグリ 2010 コブシ 2009 モクレイシ 2008 ロドレイア・ヘンリー 2007 コマツナ 2006 ウグイスカグラ 2005 コブシ

| | コメント (0)

3月18日(金) オレアリア・リトルスモーキー

220318olearia
寒さで焼けた葉と本来の銀白色が織りなす紅白柄が目立ちました。枝ののび方は奔放でありながら、背丈は60cmほどに止まって垣根状態です。
葉の形や質感からオレアリアと判断しました。ただ、この属(Olearia)にはいくつか種類があって、オキデンティッシマ(occidentissima)かアキシラリス(axillaris)か迷います。とりあえず、上述のコンパクトさを頼りにして、アキシラリスの園芸種であるリトルスモーキーであろうとしておきます。
これから季節が良くなり、赤くなった葉が落ちて若い枝の節間がのび、そこに花(キク科なので黄色だが、ショボショボ)が咲いてくれると、今回の見立てが当たりだったとわかるはずで、そんなうれしい再掲載を予定しておきます。

過去のきょう 2021 キバナハナニラ 2020 ハナショウブ 2019 アグラオネマ・シルバークィーン(アグラオネマ・コンムタツム・シルバークィーン) 2018 アオギリ 2017 フキ(ふきのとう) 2016 ハルニレ 2015 シュゼンジカンザクラ 2014 ラショウモンカズラ 2013 ウケザキクンシラン 2012 クロッカス(クリームビューティ) 2011 フサザクラ 2010 ウグイスカグラ 2009 ユーカリ 2008 ヒメリュウキンカ 2007 ミズナ 2006 スギ 2005 バイカオウレン

| | コメント (0)

3月17日(木) イワカガミダマシ(ソルダネラ・アルピナ)

220317soldanella_alpine
ダマシはないだろうよ、せめてモドキじゃダメだったのかね…と、この可憐なお花に同情してしまいます。わざわざヨーロッパアルプスからやって来てダマシ呼ばわりされるとはついていないとしか言いようがありません。
ちなみにダマシではないイワカガミを見直してみたら、なるほど、瓜二つとは言わないまでも似ています。科レベルから別物なのに、こうも紛らわしい風体のものが存在するとは驚きで、和名をつけた人も騙されそうだったのでしょう。
220317soldanella_alpine2
もちろん、葉に先鋭な鋸歯はないし、鏡のようにも煌めかず、1本の茎に付く花数もこちらはかなりあっさりです。見る気で見れば騙されるわけはないのに、わ、イワカガミが売られてる!と買い込んだ爺さまはおめでたいヤツなのでしょう。

過去のきょう 2021 サンゴジュ 2020 カツラ 2019 ソランドラ・マキシマ 2018 ミチノクフクジュソウ 2017 ウォールム・バンクシア 2016 ムラサキオモト 2015 ベニウチワ(アンスリウム・シェルツェリアナム) 2014 ナンテン 2013 ナギイカダ 2012 ウメ(鹿児島紅) 2011 ロニセラ・フラグランティシマ 2010 ソメイヨシノ 2009 ヤマアイ(雌花) 2008 マツバギク 2007 ソテツ 2006 アンズ 2005 トサミズキ

| | コメント (0)

3月16日(水) コクサギ

220316male
力感に溢れた若葉の萌えです。葉というよりはエネルギーの塊に見えます。
下段は数メートル離れた場所の株です。上段に示した株よりは一日二日分、生長が遅れていて、芽鱗のほどけていく様子がわかります。
上下ともに雄株で、スマートな葉芽はいち早く開き始め、ぷっくりと丸い方の花芽は解けるのにはまだ時間がかかります。ただ、二種類の芽ではありながら、それが右・右・左・左のコクサギ型葉序で並んでいるのが律儀です。
220316female
一方こちらが雌株で、芽鱗は剥け始めていても、冬芽の数がすごく少ないし、いまは葉芽しか見つかりません。雌雄ほぼ同時開花だと思ったのに、解せない事態です。
220316male0309
そしてこれが1週間前の雄株です。こういう芸術チックな芽燐を持つのはたぶんコクサギだけではないかと思うのです。あるいは葉痕がやたら青々していることもちょっとないタイプです。「森の怪人」という尊称を捧げたくなりました。

過去のきょう 2021 ハクサイ 2020 ウケザキクンシラン 2019 シラユキゲシ 2018 ツルアジサイ 2017 タマツヅリ(セダム・モルガニアヌム) 2016 シュロ(ワジュロ) 2015 ホウカンボク 2014 イチリンソウ 2013 熱帯スイレン 2012 セツブンソウ 2011 バクチノキ 2010 タイリンミツマタ 2009 ヒュウガミズキ 2008 マメイヌツゲ 2007 キバナスズシロ 2006 キクザキイチゲ 2005 オオタチツボスミレ

| | コメント (0)

3月15日(火) ホシフリュウゼツ(アロエ・ダビアナ)

220315davyana
逆さに生えた棘(刺状突起)がほぼ凶器です。保有を許されるのはごく円満なご家庭だけ、購入にはご夫婦で出かけ、厳正な審査が…ウソです。
季節のせいで葉が焼け加減で、おかげで名前どおり星状(流星みたい)の斑がいっそう目立ちます。焼けていない本来の葉は深い緑色で、この斑との組み合わせはとても上品です。そのころは花穂も立つでしょうから楽しみです。

過去のきょう 2021 リョウブ 2020 コヒガンザクラ 2019 アオモジ 2018 ノカラマツ 2017 コバノガマズミ 2016 ナツズイセン 2015 アオイスミレ 2014 エノキ 2013 アメリカハナノキ(雌株) 2012 カワヅザクラ 2011 カンノンチク 2010 ヒマラヤゴヨウ 2009 トサミズキ 2008 クサノオウ 2007 モミジイチゴ 2006 カタクリ 2005 ヒイラギナンテン

| | コメント (0)

3月14日(月) ボロニア・ピンナタ

220314boronia_pinnata_s
助手1号に2連敗です。先日のウェストリンギアはローズマリーと早合点してやられ、今度のこれはクロウエア(サザンクロス)だと思い込んでしまいました。
ホムセンの売り場で、彼女はすぐにこれに惚れました。ん、これ、前に買ったじゃんというワタシに、違うよ、これは別だよと譲りません。これ、花びら4枚でしょ。あれ、5枚だったじゃない。葉もずっと細いよ===うーむむ、やるもんです。
言われてみれば葉の柑橘香もこちらが数段勝ります。秋に咲いていたクロウエアに対して、いまからが花どきです。たしかにまったく別物(属違い)です。
それにしてもオーストラリア恐るべし、こうやってはた衛門さんに恥をかかすものに溢れています。さらに、ウェストリンギアにせよ、このボロニアにせよ、品種をあげていくとキリがなさそうです。広いもんねえと地図を眺め直しです。

過去のきょう 2021 シバザクラ(ハナツメクサ) 2020 ハボタン 2019 カツオナ 2018 ゴンズイ 2017 ユキワリイチゲ 2016 ツバキ・ドンケラリー(正義) 2015 シダレヤナギ 2014 デンドロビウム・ユキダルマ・キング 2013 ホトケノザ 2012 カタクリ 2011 カイヅカイブキ 2010 ハルニレ 2009 オオイヌノフグリ 2008 マツバギク 2007 ウチワノキ 2006 アセビ 2005 ユキツバキ

| | コメント (0)

3月13日(日) ゲンゲ(レンゲソウ)

220313astragalus_sinicus
9月に芽生えた苗が、健気にも寒風を耐え抜いて、途中は雪に埋もれたこともあったのに、ここまで育ちました。めっちゃ分岐して、元気100%です。
勢いが良すぎて、後ろに立てた30cmのモノサシを超えそう(注)です。田んぼに生えていたゲンゲがそんなに高身長だったか、なにせ葉の形態(奇数羽状複葉)も育ててみて知ったことで、なんにも見ていなかった己を反省するばかりです。
そして、そのワサワサのなかに花芽を見つけました。半年かけて、ここまで来たんだね君は…と感動です。さらなる感動まで、あとひと月です。

<補注> 心配は的中し、徒長した茎の収拾がつかなくなりました。今回のゲンゲ育成作戦は見事な失敗で終了です。(2022年3月31日

過去のきょう 2021 カラミザクラ(シナミザクラ) 2020 マボケ 2019 オウゴチョウ 2018 ワサビナ 2017 ツゲ(ホンツゲ) 2016 コブラオーキッド(メガクリニウム・マキシマムとメガクリニウム・プラチラキス) 2015 ミチタネツケバナ 2014 カエデ類、ほか2種 2013 ハルサザンカ(絞笑顔) 2012 ワイヤープランツ 2011 ススキ 2010 レバノンスギ 2009 ヨシ(アシ) 2008 ヒメカンスゲ 2007 オガタマノキ 2006 ダンコウバイ 2005 シキミ

| | コメント (0)

3月12日(土) ウェストリンギア

220312westringia
ローズマリーだろうと思ってスルーするところだったのに、同行していた助手1号が「ちょっと待て」と言います。葉っぱを1枚ちぎり、クンクンして、「うん、違う。匂わない!」だそうで、さすがお料理で鍛えた眼力は頼りになります。
さて、そこからはこちらの仕事で、「シソ科、ローズマリー似」をヒントに、すぐにウェストリンギア(Westringia fruticosa)と正体が割れました。オーストラリアン・ローズマリーという別名を持つそうで、ほら、そう見えて当然なのでした。
まだ固そうな蕾がたくさんついているし、葉も寒さでちょっと焼けていたので、季節がもっと良くなったころ、本来の姿(↓)を再撮影してあげましょう。

<補注> 助手1号に2連敗してしまいました。(2022年3月14日
<追録> 2カ月が経ち、だいぶ見目良くなりました。(撮影:2022年5月18日)
Westringia220518

過去のきょう 2021 オカノリ 2020 オオバマルバマンネングサ 2019 カラテア・ベラ 2018 カラタチ 2017 サボテン(金晃丸) 2016 アオモジ 2015 ポポー 2014 キジョラン(とアサギマダラの幼虫) 2013 アズマイチゲ 2012 セリバオウレン 2011 ムスカリ 2010 シシユズ(オニユズ) 2009 コブシ 2008 オオハナワラビ 2007 シロバナタンポポ 2006 サンシュユ 2005 オランダミミナグサ

| | コメント (0)

番外編 : 雲一つなし

Zenhare
長いこと新聞は読んでいても、こんなの初めて見ました。
まったくどうでもいいことながら、なにかウキウキします。前に「第44444号」という新聞を見つけたときもうれしかったし、なにかと重い話題ばかりのきょうこのごろ、こういうたわいない「発見」に救われます。

<追録> 翌月8日の同欄もまったく同じ絵柄になって、「なぁ~んだ。糠喜びだったか…」と落胆しました。(2022年4月9日)

| | コメント (0)

3月11日(金) ウチワサボテン

220311ficusindica
大雑把に言えば、夏に花が咲いて冬に実が熟すというリズムのようです。ウチワサボテンが黄色い花を咲かせていたのを見たのは、近所の露地でも、あるいは立派な温室のなかでも、判で押したように6月の下旬のことでした。
そして、ハッと気がつけば実が赤くなっていました。写真は温室で撮ったものの、散歩中にも同じ状態のものを見かけました。どちらも「手出し無用」のものながら、全然おいしくなさそうで、悔しい気持ちがわきません。
海外の写真だと、実がもっとぷっくりして、「ウチワサボテンの実はおいしい」という定説が納得できるのに、どうも自分が見かけるのはこの猪口型で、たぶんこれが「マズい」という逆の評判を流しているタイプではないかと思うのです。
環境のせいなのか、あるいはそもそも品種が違うのか、いまの自分にはまったく判断がつかなくて、とりあえずサボテンの実は眺めてお終いです。

<補注> 大きく膨らんだ実は「ビミョー」レベルの果物でした。(2022年9月6日

過去のきょう 2021 ダイダイ 2020 コノテガシワ 2019 ヒゼンマユミ 2018 バビアナ・セダルベルゲンシス 2017 アカタコノキ(ビヨウタコノキ) 2016 クリスマスローズ・ピンクフロスト 2015 カラクサケマン 2014 バンペイユ(晩白柚) 2013 ヒスイカズラ 2012 オウバイ 2011 リンドウ 2010 ハチジョウキブシ(雄花) 2009 クリスマスローズ(フォエチダス) 2008 アセビ 2007 シラー・シベリカ・アルバ 2006 ネモフィラ・ペニーブラック 2005 シバザクラ

| | コメント (0)

番外編 : 3月10日 17時34分14秒

220310_173414
家路の途中、あまりに夕陽がドラマチックに映えてくれて、でもスマホしかないし、どうせ無駄だろうと思いつつ、シャッターを2回切りました。
モニターで確かめた写真は、案の定、夕陽は豆粒みたいで、ふふ、無駄をしたな…と苦笑いです。それでも念のため、パソに移動させてみたら、おや、けっこうイケてるではありませんか。隅っこで黄昏れてるお兄さんも雰囲気出しています。
冬至のころに比べれば、薄暮の時刻が1時間ほど遅くなって、それを喜んだだけのパシャリが、思わぬ番外編になりました。

<追録> 1カ月後、同じ程度のほの明かり状態はさらに1時間遅くなりました。(撮影:2022年4月11日18時17分23秒)
220411_1817

| | コメント (0)

3月10日(木) ユーフォルビア・ブラックバード

220310black_bird
この色、たまりませぬ。ドドナエアに一目惚れした前科からして、どうもこの銅葉というタイプは自分のツボらしいと古希を過ぎて知りました。
そして名前です。ブラックバード! くすぐり、強すぎます。
さらに、こんな渋い顔をしていながら、暖かくなるといかにもユーフォルビアらしいトボケた花を咲かすそうで、またここのお宅にはお世話になります。
近くの新興住宅地に立ち並ぶ小洒落たオウチには、業者さんのお仕着せながらもこういうおもしろい草木が植え込まれ、さながらご近所植物園(注)です。

<補注1> ご近所植物園には全身緑色コーデの仲間もいました。(2022年3月25日
<補注2> 妙に派手な仲間がいました。(2022年4月4日

過去のきょう 2021 エリオケレウス・袖ヶ浦 2020 ハオルチア・コンプトニアナ 2019 モンステラ 2018 スキミア(ミヤマシキミ) 2017 ベンガルヤハズカズラ 2016 キンヨウボク 2015 トウカエデ 2014 ヤマルリソウ 2013 グズマニア・テレサ 2012 タネツケバナ 2011 ノハラアザミ 2010 ソラマメ 2009 啓翁桜 2008 ユリノキ 2007 ウズラバタンポポ 2006 フッキソウ 2005 ハナニラ

| | コメント (0)

3月9日(水) クラッスラ・フスカ(赤鬼城)

220309crassula
古い住宅街のお庭からこぼれ出ていました。嵌め込んだ写真は同じお宅の鉢植えで、露地植えより窮屈そうに押しくら饅頭していました。
「真っ赤・多肉」で検索するといろいろ出てくるなかで、葉のスマートさとボートのような湾曲具合などから、園芸名・赤鬼城という品種と見立てました。
かなり似たものに「火祭り」とか「紅葉祭」とかがあって迷います。季節が進んで、節間がのびたり花が咲いたりしたら、もう少し正体がハッキリするでしょう。

<補注> 「宇宙の木」「金のなる木」という同属仲間もいます。

過去のきょう 2021 ハナコミカンボク 2020 マダケ 2019 ククイノキ 2018 サクラソウ 2017 サンシュユ 2016 ウンナンサクラソウ 2015 コゴメイヌノフグリ 2014 シラカシ 2013 オガタマノキ 2012 エレガンテシマ 2011 フクジュソウ 2010 ユリノキ 2009 モミジイチゴ 2008 ユキワリイチゲ 2007 ゲンカイツツジ 2006 カナメモチ 2005 オウバイモドキ(ウンナンオウバイ)

| | コメント (0)

3月8日(火) ポインセチア(ショウジョウボク)

220308pulcherrima
クリスマスなんてとっくの昔だし、ひな祭りは過ぎて、春一番も吹いたのに、ポインセチアです。当然ながら「時期はずれ」ものは撤去される運命にあって、自分で育てもせずにこうして立派な雌シベの柱頭や子房を写せたのは大幸運でした。
街を飾るころにはまだほんの蕾だったものが、ここまで生長を続けました。堂々とした雌シベに見惚れるとともに、雄シベのスタミナに感動です。派手に花粉を噴く姿を1月前半に見ているので、丸2カ月も男性機能が衰えません。
さてこうなると、次は充実した子房と、さらにそのなかの種の撮影が課題となるわけでも、そこらあたりはオーナー特権がないと無理でしょう。ワタシ撮るだけ~(古くなったな、このフレーズ)の人はここで大満足としておきます。

過去のきょう 2021 ペペロミア・ボニンシメンシス(シマゴショウ) 2020 ヨシ(アシ) 2019 ビロードモウズイカ 2018 モミジバスズカケノキ 2017 ロマネスコ 2016 マロニエ(セイヨウトチノキ) 2015 ガジュマル 2014 ハボタン(珊瑚系) 2013 スイレン 2012 マルバマンネングサ 2011 クロベ(ネズコ) 2010 メタセコイア(雄花) 2009 ハーデンベルギア 2008 ハナキササゲ(オオアメリカキササゲ) 2007 ヒイラギナンテン 2006 フキ(ふきのとう) 2005 クリスマスローズ

| | コメント (0)

3月7日(月) プラティケリウム・アルキコルネ(ビカクシダ・アルキコルネ)

220307alcicorne
ああ、ビカクシダかぁと脇を通り過ぎようとして、少し変に感じました。麋角と形容された胞子葉の立ち上がりが強く、しかも裏表両面が白っぽいのです。
ふつうのビカクシダなら、これがやや横広がりにのびるし、表面はこれほど粉っぽくなくて、むしろ緑色に艶めいていた記憶があります。
そんな特徴から判断するに、これはビカクシダ属(Platycerium)のなかでもアルキコルネ(alcicorne)という種類にあたりそうです。迂闊でした。この属には、ふつうにビカクシダ(ビフルカツム・bifurcatum)と呼んでいる以外にも、軽く10種以上の仲間がいるのでした。ううぅ、またもや深い世界です。
これからは「ああ、ビカクシダかぁ」ではなくて、「ビフルカツムか、一般的だね」、「アルキコルネくん、立ってるねえ」と呟きながら歩かなくてはなりません。

<補注> プラティケリウム・ホルタミーを収録しました。(2022年10月2日

過去のきょう 2021 トックリランとトックリヤシ 2020 ビンロウ 2019 コラ(ヒメコラノキ) 2018 タマネギ 2017 ツノハシバミ 2016 フキタンポポ 2015 クンシラン 2014 シラカシ 2013 オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ) 2012 ヒメサザンカ・エリナ 2011 マンサク 2010 ジャノメエリカ 2009 キルタンサス 2008 バショウ 2007 エリカ・コロランス・ホワイトデライト 2006 クロッカス 2005 セツブンソウ

| | コメント (0)

3月6日(日) マテチャ

220306paraguariensis1
「飲むサラダ」として有名なマテ茶はこの木から作るのでした。葉や枝を乾燥させて粉砕し、それにお湯を注ぐと健康飲料のできあがりという寸法です。
したがって、この木は通称イェルバ・マテ(Yerba mate)です。Yerbaは草、mateはコップとか瓢箪のことで、現地では瓢箪にマテ茶を作り、ストローで飲むそうです。
220306paraguariensis2
ただし、学名としてはIlex paraguariensisで、モチノキ科モチノキ属(Ilex)になりますから、花も葉もそんな風情です。後ろに続くparaguariensiはパラグアイに因んではいても、パラグアイだけでなく南米諸国に自生します。
それら南米諸国と言えばサッカーが強いことで有名で、その理由がマテ茶にあるという噂もあります。たしかに成分表を見ると、ほかのお茶とは比較にならないほど有効成分の数値が飛び抜けていて、ちょっと信じたくなります。

<追録> マテ茶を買い込んでみました。エグイとか脅かすレポートが多いので、味が比較的マイルドだというロースト版です。
あ、これならグリーン版でもいけたかなくらいで、いままで緑茶を飲んでいたタイミングでふつうに飲めそうです。そう言えば、10年以上前、コカコーラが「太陽のマテ茶」というのを売り出して、1回だけ飲んだことを思い出しました。
いま、自分で淹れたものに比べるとなんの味もしなかったなぁと思い出してみて、このごろ見かけないのもわかる気がします。(2022年3月8日)

過去のきょう 2021 ペペロミア・フォレット 2020 シロザ 2019 ネリネ(ウンドゥラタおよびサルニエンシス系) 2018 サルナシ 2017 エゲリア・ナヤス 2016 ススキノキ 2015 シロバナオオベニゴウカン 2014 ムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ) 2013 ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアナ) 2012 ガーデンシクラメン 2011 ヤマコウバシ 2010 キンギョバツバキ 2009 サヤエンドウ 2008 テンリンジガッコウ(椿) 2007 ネモフィラ・インシグニス 2006 ショウジョウバカマ 2005 ヨモギ

| | コメント (0)

3月5日(土) ハランアナナス

220305pitcairnia_corallina
ハランがアナナスとはこれ如何に!と唸ってしまいます。しかし、たしかにこの葉はハランです。バオバオと藪を作り、その奥から花茎がニョロリ…。
そして分類的にはパイナップル科(Bromeliaceae)なので、アナナスを名乗る権利は大ありです。そもそもアナナスという呼称が大雑把なので、ハランアナナスだけを咎めるのは己の狭量に噛みつくことにほかなりません。
しかも、初めて出会ったこのピトカイルニア(Pitcairnia)という属は、なんとWikiがあげているだけで396種、パイナップル科ではチランジアに次ぐ巨大グループでした。世のなかには「知らない方が幸せだった」ことが多々あります。

過去のきょう 2021 オリーブ 2020 サワグルミ 2019 アオダモ 2018 ノウルシ 2017 コンシマダケ 2016 スハマソウ(ユキワリソウ) 2015 ハコネシダ 2014 ナツミカン(ナツダイダイ、ナツカン) 2013 ウバメガシ 2012 センダン 2011 ウメ(黄梅) 2010 サンシュユ 2009 タチカンツバキ 2008 シュロ(ワジュロ) 2007 ミツバツツジ 2006 オウバイ 2005 ネコヤナギ

| | コメント (0)

3月4日(金) カシワバアジサイ

220304quercifolia
カシワバアジサイの冬芽がソロリと開きだしてきて、先端だけキュイッと反り返り始めた姿がちょっと独特です。裸芽なので、葉裏はとてもモフモフです。
そして、葉痕がスッと細くて、その間隔が狭いことに気づきました。節間がもっと長い枝もあるので、ジックリ型とグングン型と、枝には種類がありそうです。
そして、葉芽が割れてもまだ残る赤銅色の葉のしぶとさです。過去記事で1月中旬の様子を見ると、さすがにあそこからはずいぶん枚数が減りました。
さてここからあとひと月すると、この薄茶のモフモフは爽やかな若緑色となって展開を始め(リンク先2枚目写真)ます。恵みの光に感謝です。

<補注> 2年ほど前から、カシワバアジサイの一重種と八重種は区別して掲載しています。ただ、花のない季節だとその見分けができないのが悩みで、上の写真もどちらかはわかりません。タイトルは「カシワバアジサイ類」ほどの意味です。

過去のきょう 2021 ミニアイリス 2020 カラテア・オルビフォリア 2019 エゾノギシギシ(ヒロハギシギシ) 2018 ウメ(小梅・信濃梅) 2017 ハマハタザオ 2016 キバナツルネラ(ツルネラ・ウルミフォリア) 2015 オオカンザクラ 2014 トウロウソウ(セイロンベンケイ、ハカラメ) 2013 セツブンソウ 2012 ナズナ 2011 ウメ(月影枝垂) 2010 センダン 2009 スノードロップ 2008 イチョウ 2007 ヒメカンアオイ 2006 タギョウショウ 2005 スノードロップ

| | コメント (0)

3月3日(木) ルエリア・マコヤナ

220303ruellia_mako
ルエリア(属)という植物は中央アメリカに150種ほども生息しているのだそうです。このブログにはそのうちのヤナギバルイラソウ(Ruellia simplex)を先に収録していて、このマコヤナ(R.makoyana)が2種類目になります。
まだ和名がなくて、学名そのままにルエリア・マコヤナと呼びます。一般にはリュエリアという表記がメジャーながら、それはローマ字読み原則に反します。上述の「ルイラ」が属名に発したものというなら、「ル」と読む方が素直なはずです。
そしてマコヤナです。カラテアの代表種に使われている種小名なので、あらためて語源を調べたら、ベルギーの園芸家マコイ(J. Makoy)さんのお名前でした。じつは属名もフランスの植物学者・Jean Ruelさんに因んでいて、二つ名がどちらも人名由来というのはちょっと珍しいケースではないかと思います。
おっと、名前の話だけで終わってはこのマコヤナが怒ります。そもそも花つきはあまり良くなくて、見どころは葉脈に沿ってクッキリと入る白い斑です。

<補注> 3種類目のルエリアは毛深タイプでした。(2022年4月1日

過去のきょう 2021 タロコキブシ 2020 パボニア・インテルメディア 2019 マツリカ 2018 チャセンシダ 2017 ユーフォルビア・プニケア 2016 ヘラシダ 2015 ヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ) 2014 アサヒカズラ 2013 ミッキーマウスノキ(オクナ・セルラタ) 2012 ウメ(白梅) 2011 シナマンサク 2010 ゴールデンクラッカー 2009 オオカンザクラ 2008 ボクハンツバキ 2007 ヒトツバ 2006 オオバイノモトソウ 2005 八重カンヒザクラ

| | コメント (0)

3月2日(水) ロドデンドロン・ロキアエ

220302lochiae
まるで作り物みたいで、見とれるというよりも、騙されていないか、ジトッと見つめてしまいました。こんなド派手な花が山中に咲くというのだから、さすがはオーストラリアで、バンクシアグレビレアだけで驚いていてはいけないのでした。
さて名前です。ロドデンドロン(Rhododendron=ツツジ属)はいいとして、後半のロキアエ(lochiae)がわかりません。このごろ入手したラテン語・ギリシャ語辞典にもこの綴りはなくて困ったら、答えはWikiにありました。
Lady Lochへの献名だそうで、このロックさん、オーストラリア園芸界のパトロンにしてビクトリア州知事夫人でした。ぜひそのご尊顔を、と探したものの、なにせ19世紀のお人です。たぶんこの花のように美しかった…としておきましょう。

過去のきょう 2021 アスプレニウム・エメラルドウェーブ 2020 アカバナ 2019 ヤグルマギク 2018 モクレイシ 2017 アヤメ 2016 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ) 2015 ナリヒラヒイラギナンテン 2014 ハボタン(高性種) 2013 ギシギシ 2012 オランダミミナグサ 2011 セイバンモロコシ 2010 ヒース・バンクシア 2009 クロチク 2008 ケンポナシ 2007 ラナンキュラス 2006 ヤマノイモ 2005 ギンヨウアカシア

| | コメント (0)

番外編 : スマホでの閲覧もPC表示で

Pc_mode
朝から助手1号がブータレます。写真を大きくしようとしても、リンク先を見ようとしても、カテゴリー選択画面にしか移動しない(はた衛門訳)、どうなってるの!?
「どうせまたココログがドジっているんだよ」という答えは彼女を満足させられないし、「毎月1日は9時前にアップロードすると狂うんだよ」という説明も通じません。
常日ごろ、自分でもスマホでブログチェックするときはモバイル画面表示にしかならない(大デチューン前は表示方法を選べた)のが気に入らなかったので、助手1号のため、モバイル表示をPC表示に切り替える方法をメモ(↑)しておきます。
上の絵に書き入れたとおり、まず画面右上の縦3つ黒点からメニューを表示させ、そのメニューのだいぶ下にある「PC版サイト」を選択します。これでPC画面と同じ表示に(各種のリンク選択も可能に)切り替わります。
ただ、「これじゃ小さくて見えない!」というブーイングは当然に飛んでくるので、「スマホを横にすれば拡大表示できるよ」と先回りの答えを書いておきます。

| | コメント (0)

3月1日(火) ディーフェンバキア・アモエナ・トロピックスノー

220301dieffenbachia
葉の奥に見えている茎がディーフェンバキア(注1)のアイデンティティです。この太くて頑丈な茎がグングンのびて、背丈ほどにも大きくなります。
当然に葉はバサバサと繁るわけで、その豪快な姿を室内で楽しもうというリッチな人々には愛される存在です。日光がそれほど必要ないことも美点です。
種類がいろいろあって、これはアモエナから作出された園芸種です。そもそもアモエナ自体がこんな斑入りで、たぶん名札がないと区別できません。正体を知った目で見ると、このトロピックスノーの斑はたしかに雪が舞っている感じです。

<補注1> ディーフェンバキア(Dieffenbachia)は和名ではカスリソウという属名をつけられていて、これはたぶん「絣」のことだと思います。
なお、ディーとのばさずディフェンバキアとする解説が多数派なのに、自分的には「ie」部分を正確に読んであげることにしました。
<補注2> やや性質の違うディーフェンバキアを収録しました。(2022年4月6日

過去のきょう 2021 ドドナエア 2020 アセビ 2019 ギンマサキ 2018 ケール 2017 リュウケツジュ(ドラセナ・ドラコ) 2016 ミチタネツケバナ 2015 ベニモンヨウショウ 2014 カンツバキ 2013 カワヤナギ 2012 ネコヤナギ 2011 ヒガンバナ 2010 シラヌヒ 2009 フチベニベンケイ(カネノナルキ) 2008/font> カリン 2007 アリアケスミレ 2006 リキュウバイ 2005 フキ(ふきのとう)

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »