« 2月19日(土) チランジア・カクチコラ | トップページ | 2月21日(月) マンドラゴラ(マンドレイク) »

2月20日(日) ナリヒラヒイラギナンテン

220220confusa
こんなにきれいに染まったナリヒラヒイラギナンテンを見つけました。これでも分類的には立派に「常緑」低木です。常緑とはなに? 古い話題(↓)です。
この植え込みの南西側は遮るもののない水田で、紅葉の条件である陽当たりは申し分ない場所です。逆に北東側は大きな建物なので、その輻射熱とかビル風とか考えると、寒暖差という紅葉条件も満たしているように思えます。
さてこれがこの冬だけの異常事態だったのか、あるいは近所に不思議な紅葉の名所ができたのか、これから毎年、寒季を待ち望む楽しみができました。

<常緑樹なのに紅葉する事例> a. 淡く色づいたナリヒラヒイラギナンテン b. 染め分けになったナンテン c. カクレミノ d. テイカカズラ(常緑の概念を確認) e. サネカズラ

<追録> ほかの場所の仲間はこの時期でもおおむね緑のままという証明(↓)です。(撮影:2022年2月23日)
220223confusa

過去のきょう 2021 フクロユキノシタ(セファロタス)  2020 ツバキカンザクラ  2019 パセリ  2018 ホルトノキ 2017 チチコグサモドキ 2016 メヤブマオ 2015 桜の冬芽4種(その2) 2014 プリムラ・ポリアンサ 2013 トラフアナナス 2012 ウラジロガシ 2011 ヒメムカシヨモギ 2010 ユーカリ 2009 ショカツサイ(ムラサキハナナ) 2008 ウグイスカグラ 2007 エリカ・ファイアーヒース 2006 ナニワズ 2005 イチゴノキ

|

« 2月19日(土) チランジア・カクチコラ | トップページ | 2月21日(月) マンドラゴラ(マンドレイク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月19日(土) チランジア・カクチコラ | トップページ | 2月21日(月) マンドラゴラ(マンドレイク) »