« 2月16日(水) イズセンリョウ | トップページ | 2月18日(金) ウリカエデ »

2月17日(木) フウセンカズラ

220217cardiospermum_halicacabum
まさかこの季節までフウセンカズラを拝めるとは思いもしませんでした。乾ききった殻は意外なほど弾力があり、割ってもしっかりと形を保ちます。おかげで猿面模様(またはハートマーク)の丸い種3粒をこぼすことなく撮影できました。
そして喜ぶべきはこの場所で、どんなに接写しようとどなたにも咎められない空き地の端です。5カ月前にはその栽培環境に泣きを入れたことが嘘のようです。
ここならたぶん次の夏も元気よく繁茂してくれることでしょう。花のつくりとか、花から実になる様子とか、積年の宿題は今年こそクリアできそうです。

<追録> 種に猿面模様ができる原因を探りました。6稜の袋果は内部が3室に分かれていて、その中央の隔壁(心皮)3方向に胎座(写真黄色矢印)ができます。
種(胚珠)はその胎座につながって生まれ、まるで人間の臍の緒のように栄養を受け取って育ちます。(撮影:2022年2月23日)
Cardiospermum_halicacabum220223

過去のきょう 2021 デイゴ  2020 オオカワヂシャ  2019 カランコエ・オルギアリス(センニンノマイ)  2018 マキシラリア・ポルフィロステレ 2017 カワラハンノキ 2016 ヤマザクラ 2015 ホウライシダとヒシガタホウライシダ 2014 メグスリノキ 2013 タギョウショウ 2012 セキショウモ 2011 ネコヤナギ 2010 スイセイラン(彗星蘭) 2009 バニラ 2008 フクジュソウ 2007 イノモトソウ 2006 ウメ(白梅) 2005 ナズナ

|

« 2月16日(水) イズセンリョウ | トップページ | 2月18日(金) ウリカエデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月16日(水) イズセンリョウ | トップページ | 2月18日(金) ウリカエデ »