« 1月29日(土) セイランノキ | トップページ | 1月31日(月) カナクギノキ »

1月30日(日) スノーバナナ

220130ensete_glaucum
きょうのタイトルのスノーバナナはまだ広く認められた名前ではなくて、原産地の中国(南部からニューギニア)での呼び名は象腿蕉です。
いったんのび上がった偽茎が垂れ下がり、それが逞しいほどに太いので、たしかに象の腿というか脚に見えます。そして、その先端を下から見上げると、はいはい、芭蕉の「蕉」を名乗っておかしくない姿です。ただ、和名への転用は難しそうです。
そこでスノーバナナです。この手の植物としては珍しいほどに耐寒性が高いのだそうで、手っ取り早いというか覚えやすいニックネームです。
ただ、本名はEnsete glaucumで、バナナ(Musa)とは属が違います。このエンセテ属ではチユウキンレンが有名で、あれを空からぶら下げると、こんな感じです。
さらに、開花結実のあとは枯れ死ぬだけという性質(脇芽を出さない)で、そう聞くとどうしたってアオノリュウゼツランを思い出します。ニックネームは漫画チックに明るくても、なかなか含みのある存在で、象の腿のような重みを感じます。

過去のきょう 2021 ユズ 2020 コウトウシュウカイドウ 2019 キンゴウカン 2018 コシノカンアオイ 2017 ヒゼンマユミ 2016 ツクバネガシ 2015 アガベ・吉祥天 2014 タチバナ 2013 ヒトツバヒイラギ 2012 シモバシラ  2011 テイカカズラ 2010 シンビジウム(愛子さま) 2009 オオイタビ 2008 シロミノマンリョウ 2007 ノシラン 2006 マンサク 2005 ホトケノザ

|

« 1月29日(土) セイランノキ | トップページ | 1月31日(月) カナクギノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月29日(土) セイランノキ | トップページ | 1月31日(月) カナクギノキ »