« 1月28日(金) ヘリコニア・ロストラタ | トップページ | 1月30日(日) スノーバナナ »

1月29日(土) セイランノキ

220129sterculia_lanceolata
あのピンポンノキと同属(Sterculia)なので、やはり花は奇妙です。なぜそんなにヒン曲がらなくちゃいけないの?と雌シベに聞きたくなります。
それより不思議なのは和名で、意味を解いてくれるべきいくつかの参考サイトもダンマリを決め込んでいます。ピンポンノキは中国名・蘋婆の音を借りたのに対し、こちらは假蘋婆なのでセイランという音は出ようがありません。むしろ「仮ピンポー」の意味に取れるので、日本でもこれをピンポンモドキとするケースがあります。
さても課題は実の撮影です。ピンポンノキの場合は実を見た翌年に花だったのに、今度は順番が逆になりました。さてピンポンノキよりもさらに素っ頓狂らしいセイランノキの実にはいったいいつごろお目にかかれるものでしょう。

過去のきょう 2021 アマハステビア(ステビア) 2020 コバノズイナ 2019 ラケナリア・ビリディフロラ 2018 ハンノキ 2017 ニホンスイセン 2016 キチジョウソウ 2015 ブラシノキ 2014 リュウノウギク 2013 ビカクシダ 2012 カザンデマリ  2011 クリスマスローズ(ニゲル) 2010 ヒメアリアケカズラ 2009 イモカタバミ 2008 イスノキ 2007 シキミ 2006う ニシキギ 2005 花かんざし

|

« 1月28日(金) ヘリコニア・ロストラタ | トップページ | 1月30日(日) スノーバナナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月28日(金) ヘリコニア・ロストラタ | トップページ | 1月30日(日) スノーバナナ »