« 11月12日(金) クラリンドウ | トップページ | 11月14日(日) キミノバンジロウ »

11月13日(土) マツカサススキ

211113scirpus_mitsukurianus
親指の先サイズでまん丸の小穂がビッシリと並んでいました。先端は胸の高さほどもあるので、目の前がこのかわいらしい球体で遮られた感じです。
その小穂の付け根から長くのびる総苞とか、茎の断面が三角形であることから、これがカヤツリグサ科のメンバーであることがわかります。アブラガヤと同属のマツカサススキという、なかなか見られない種類に出会うことができました。
池の縁の湿地というどこにでもありそうな環境は、考えてみれば昭和の時代あたりからどんどん失われています。COP26に見るように環境保護意識は高まっているわけで、このマツカサススキの勢いも復活してほしいものです。

<補注> 小穂がまだ緑の季節に再会できました。(2022年9月12日

過去のきょう 2020 トウガラシ(ハバネロ) 2019 スズメノヒエ 2018 オキシデンドルム・アーボレウム(スズランノキ)  2017 ガマズミ 2016 シロダモ 2015 サキシマフヨウ 2014 アベマキ(とクヌギ) 2013 イヌビワ 2012 サルビア・インディゴスパイア(ラベンダーセージ) 2011 アシボソ 2010 パイナップルセージ(サルビア・エレガンス) 2009 ヤブサンザシ 2008 ムシカリ 2007 コミカンソウ 2006 プレクトランサス・モナ・ラベンダー 2005 センニンソウ 2004 早咲きツバキ(西王母)

|

« 11月12日(金) クラリンドウ | トップページ | 11月14日(日) キミノバンジロウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月12日(金) クラリンドウ | トップページ | 11月14日(日) キミノバンジロウ »