« 番外編 : 蜂蜜のシングルモルト | トップページ | 11月6日(土) オウギバショウ(タビビトノキ) »

11月5日(金) ベゴニア・クレスタブルキイ

211105begonia_crestabruchii
そろそろマフラーの季節、ベゴニアの葉まで毛皮の襟巻き…は冗談です。生長に従ってこの毛は薄れていき、代わりに葉の縁がレタスのように縮みます。
なのでこの根茎性ベゴニアのあだ名は「レタスリーフベゴニア」です。ただ、英語圏の人はこれを丸めて発音できても、日本では律儀にレタス・リーフ・ベゴニアと三つに区切るでしょうから、とても呼びにくくて好かれそうにありません。
では正式にクレスタブルキイ(Crestabruchii)ではどうかと言えば、これもかなり覚えにくいし、口にもしにくいと感じます。さてどうしたものでしょう。
春になれば背ものびてピンクの花も開くようなので、そのころまでにはなにかうまい和名がついてくれないものかと願うことしきりです。

過去のきょう 2020 ホトケノザ 2019 ケイトウ・スマートルック 2018 クスノハカエデ 2017 コヤスノキ 2016 ヒメショウジョウヤシ 2015 アマメシバ 2014 ツルウメモドキ 2013 トウネズミモチ 2012 チチコグサ 2011 タチシオデ 2010 マコモ 2009 ヤブミョウガ 2008 セイタカアワダチソウ 2007 コバレンギク(ヒメバレンギク) 2006 センボンヤリ 2005 ヒヨドリジョウゴ 2004 ナンテン

|

« 番外編 : 蜂蜜のシングルモルト | トップページ | 11月6日(土) オウギバショウ(タビビトノキ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 蜂蜜のシングルモルト | トップページ | 11月6日(土) オウギバショウ(タビビトノキ) »