« 10月15日(金) テイカカズラ | トップページ | 10月17日(日) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) »

10月16日(土) クレープジンジャー(フクジンソウ)

211016hellenia_speciosa
少し偏心した大きな葉が螺旋状についていて、たぶん、コスツスの仲間だろうとわかったところまでは上等でした。ただ、そこからが地獄です。
まず引き当てた名前がCostus speciosusでした。上に述べた葉の特徴はもちろん合っているし、深紅の花穂からこぼれる白い花びらもまさにこれです。
ところがそれはHellenia speciosaのシノニムらしいと知れました。その2種の属名はどちらが正しいとかではなく、現状で「両方あり」みたいなのです。さらに、見逃していけないのは種小名で、specioまでは同じでも、語尾がCostus はsus、Hellenia はsa、似ているようでも明確に違います。
さらにCheilocostus speciosusという表現にもぶつかりました。それらの説明写真を見る限り、3種の呼び方の植物はみな同じものに思えます。

というわけで、学名捜査は虚しく終了です。仕方なく標準和名を求めると、ホザキアヤメとオオホザキアヤメが出てきて、学名の延長戦になりました。
これはもうあきらめて、俗人は俗名に頼るしかありません。ほぉほぉ、海外ではクレープジンジャーですか。白く広がる花びらを見ているわけです。
ところが日本だとフクジンソウです。もちろん漢字にすれば福神草、つまり深紅の穂に福神漬けを重ねたらしいのです。クレープと福神漬け、あまりと言えばあまりの違いで、きょうのタイトルの主と従の順は、ごく個人的な価値基準です。

過去のきょう 2020 ソバ(高嶺ルビーNeo) 2019 イヌショウマ 2018 オオモクセイ 2017 ゴマキ 2016 ガマズミ 2015 ツクバネガシ 2014 ヒメザクロ 2013 ニッサボク 2012 ツルニンジン(ジイソブ) 2011 アラカシ 2010 ユーパトリウム 2009 キバナノツキヌキホトトギス 2008 エゾユズリハ 2007 アキカラマツ 2006 ツリフネソウ 2005 シュウメイギク(ピンク) 2004 タイワンホトトギス

|

« 10月15日(金) テイカカズラ | トップページ | 10月17日(日) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月15日(金) テイカカズラ | トップページ | 10月17日(日) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) »