« 9月28日(火) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 9月30日(木) ステルンベルギア(キバナタマスダレ) »

9月29日(水) ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)

210929chionanthus_retusus
明るい緑だった実がこんな黒紫色になるまでは1カ月でした。サイズには大きな変化がなくて小指の先くらい、それでも総量があるのでかなりお見事!です。
ヒトツバタゴの木は何カ所かで見られるのに、実をつけるのはいまのところこの木しか知りません。つまり、実をつけるのは両性花を持つ株で、稔りのないのは雄花だけしかつけない雄株のようです。単純な雌雄異株ではなくて、この夏にレポートしたモッコクと同じ性質(雄株と両性株が存在)に思えます。
ということは、あの豪華な花びらを掻き分けて、「この木は雄花だけ」「こっちの木には雌花もついてる」という調査が必要なわけで、「わぁ、真っ白だ。すごいすごい!」と単純に喜んでいた昔が良かったような気もします。

過去のきょう 2020 ツクシハギ 2019 ムクノキ 2018 ネズミノオ 2017 マルバハタケムシロ 2016 ミルトニア・スペクタビリス・モレリアナ 2015 ヤマホタルブクロ 2014 アオツヅラフジ 2013 マツヨイグサ 2012 ククイノキ 2011 ナツユキカズラ 2010 スズムシバナ 2009 オオハナワラビ 2008 クロサンドラ 2007 マイヅルソウ 2006 ハエドクソウ 2005 ヒガンバナ 2004 ハゼラン

|

« 9月28日(火) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 9月30日(木) ステルンベルギア(キバナタマスダレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月28日(火) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 9月30日(木) ステルンベルギア(キバナタマスダレ) »