« 8月14日(土) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 8月16日(月) ストロファンツス・プレウッシー »

8月15日(日) ミズヒナゲシ(ウォーターポピー)

210815hydrocleys_nymphoides1
意外に花のカップが深いのだというのが一つ目の見どころです。径が5cmほどもある花は、前回がそうだったように上から眺めて楽しもうとしてしまいがちです。そこをあえて低い視点に変えてみたら、ミズヒナゲシの別の美しさを見つけました。
二つ目の見どころは葉で、しっかり立っているのがわかります。水深が浅いときや葉が混むとこのようになり、深いときや葉が疎らだと平らに浮きます。
210815hydrocleys_nymphoides2
などと渋い見方をしてはみても、やはり上から覗き込まないとおさまりません。あれ? 花びらは3枚なのに雌シベ(赤黒い柱頭)は5本? 3数性なら6本のはず…ということには撮影時は気づきませんでした。ただし、雌シベは5か6なのだそうで、この写真は結果オーライと言うか、許容範囲でした。
なお、つい花びらとした3枚は内花被片、それを支える3枚の緑色パーツが外花被片(萼)です。ついでながら、雄シベと仮雄シベがたくさんあるので、雌シベの周りは賑やかです。横から見ても上から見ても、ミズヒナゲシは別嬪さんです。

過去のきょう 2020 ネコノヒゲ(クミスクチン) 2019 ピネリア・ペダチセクタ 2018 クダモノタマゴ(カニステル) 2017 タニワタリノキ 2016 ウバメガシ 2015 テイカカズラ 2014 オジギソウ 2013 ヤマナシ 2012 トチカガミ 2011 マツバボタン 2010 イイギリ 2009 サワグルミ 2008 コバノカモメヅル 2007 クサボタン 2006 ホシオモト(パイナップルリリー) 2005 オオハンゴンソウ 2004 ルリマツリ

|

« 8月14日(土) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 8月16日(月) ストロファンツス・プレウッシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月14日(土) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 8月16日(月) ストロファンツス・プレウッシー »