« 7月7日(水) ビヨウヤナギ | トップページ | 7月9日(金) ハシバミ »

7月8日(木) スターチス(リモニウム)

210708limonium-sinuatum1
前回登場時は説明なしには使えないムチャクチャな写真でした。あれに比べれば、今度はスターチスもきっと満足してくれることでしょう。
それでも根もとの葉には傷みが目立ちます。また、きれいに立ち上がっているかに見える茎のなかにもやや不調のものが隠れています。切り花になってからの持ちの良さとは裏腹に、ライブ状態のスターチスはやはり気むずかし屋さんです。
210708limonium-sinuatum2
そして、カサカサの萼(紫やピンク)にはさすがに見向きはしなくても、本当の花(白やクリーム)には小さな蜂さんがご執心でした。雄シベの葯が見えていて、もしかしたら萼のなかには種が残るかもしれません。次回撮影の課題です。
右の写真では本来の花と一緒に萼も育つ様子が窺われるし、茎や翼の刺々しさもわかります。手袋が必要とまでは言わなくても、けっこうチクチクします。

<補注> 標準和名:ハナハマサジを使わない理由は前回述べています。

過去のきょう 2020 キンコウカ 2019 パプリカ 2018 アオキ(斑入りいろいろ) 2017 アメリカキササゲ 2016 ハマクサギ 2015 キンギンボク(ヒョウタンボク) 2014 アカバナシモツケソウ 2013 アメリカハナノキ 2012 ムラサキクンシラン(アガパンサス) 2011 イヌリンゴ 2010 ノヤマトンボ(オオバノトンボソウ) 2009 ヤブコウジ 2008 サンシュユ 2007 トリアシショウマ 2006 キュウリ 2005 トウネズミモチ 2004 ビヨウヤナギ

|

« 7月7日(水) ビヨウヤナギ | トップページ | 7月9日(金) ハシバミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月7日(水) ビヨウヤナギ | トップページ | 7月9日(金) ハシバミ »