« 6月3日(木) トウグミ | トップページ | 6月5日(土) レンブ(オオフトモモ) »

6月4日(金) ラムズイヤー(ワタチョロギ)

210604stachys_byzantina
もう消えてしまいそうなトウグミの毛を見ていて思い出したのがコヤツでした。むふ、考えた以上の毛深さです。これだけ分厚いと、蒸すでしょうなあ。
いや、毛のせいかどうかは不明でも、夏越しは苦手だそうで、けっこうピークの毛深さをとらえることができたようです。至福の指触りです。
ただ、オヌシ、光合成はどうする気だ!? 葉の表面細胞に光が届かないじゃないかよぉ…という素朴な疑問に対する答えがどこにも見つかりません。
そこでジトッと考えてみました。この毛は細胞の突起なのだろうかと。それならばかなりの表面積を稼ぐことができて、効率よく光化学反応が得られます。
さあ、またも出ましたはた衛門珍説です。証明する手段を持たない素人は言いっ放しの逃げ放題です。奇特な先生の研究結果をそっと待ちましょう。

過去のきょう 2020 ホウレンソウ 2019 コムギ 2018 キソケイ 2017 コバノズイナ 2016 フウトウカズラ 2015 エンコウカエデ 2014 ルイヨウボタン 2013 センダン 2012 ジギタリス(キツネノテブクロ) 2011 ハルザキヤマガラシ 2010 ニワウルシ 2009 ヤマアジサイ 2008 ニンジン 2007 ムギワラギク 2006 イイギリ 2005 チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ) 2004 ノウゼンカズラ

|

« 6月3日(木) トウグミ | トップページ | 6月5日(土) レンブ(オオフトモモ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月3日(木) トウグミ | トップページ | 6月5日(土) レンブ(オオフトモモ) »