« 6月25日(金) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 6月27日(日) モッコク »

6月26日(土) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ)

210626zephyranthes_carinata
先日、ハブランサスが大きな種をつけているのに気づいて、ならばとゼフィランサスを確かめました。最初、結実することを教えられたのがゼフィランサス(Ajax)だったのだから、ハブランサスに迂回することなく辿ればいいのにヒマなヤツです。
ただ、ここの一群には種がこの一つで、しかもその花茎は折れて落ちていました。種の下側1cmほどのところで切れていて、だれかが摘んだのか、自然にこうなるものなのか、これからもう少しウォッチングが必要です。
なので話はゼフィランサスのシベに振ってしまいます。雌シベはまっすぐストレート、雄シベも6本同寸の棒状で、雌雄ともにヒネくれ気味のハブランサスとはまったく違うことに確信を持ち始めました。もっとも両方にはいろんな種類がありそうで、そのうちまた元の木阿弥で泣き言を言うでしょうが、それまでは強気です。

過去のきょう 2020 ウチワゼニクサ(タテバチドメグサ、ウォーターコイン) 2019 トマト 2018 コバンノキ 2017 アメリカスズカケノキ 2016 トサミズキ 2015 チェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)・ホットリップス 2014 コウホネ 2013 ハマナス 2012 ムラサキツメクサ 2011 ウチワサボテン 2010 イヌウメモドキ(雄株) 2009 シコタンソウ 2008 ヒメカイウ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ヤポンノキ 2005 ガクアジサイ 2004 モッコク

|

« 6月25日(金) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 6月27日(日) モッコク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月25日(金) アエスクルス・パルビフローラ(ボトルブラッシュバックアイ) | トップページ | 6月27日(日) モッコク »