« 6月27日(日) モッコク | トップページ | 6月29日(火) ドドナエア »

6月28日(月) テマリソウ

210628dianthus-barbatus-green-trick1
これをGoogle Lensに見せても「マリモ」としか言いません。何度試しても、角度を変えても、かたくなに「マリモ」の一点張りです。ヒヒ、勝ったね。
Lensくん、これはテマリソウと言うんだよ。アメリカナデシコ(美女ナデシコ、ヒゲナデシコとして流通)の枝変わり品で、この「マリモ」は苞なんだよ。ほぉ。
210628dianthus-barbatus-green-trick2
…と、少し涼しくなったところで真面目な話です。海外持ち出し禁止だし、苗は入手しにくいし、もっぱら切り花で店で買うのみです。写真左側はその一本です。
そして、そこからひと房もぎ取って揉みしだいてみました。いくら暴こうとしても、苞のなかにはなにもありません。間違って花が咲くことはあり得ないようです。
なので、種から育てることはできません。でもどうして育ててみたくて、無理っくり探したのが上のマリモなのです。テマリソウに矮性品種があるなんて情報はどこにもなくて、でも茎はぜんぜん立ち上がってこなくて、謎のマリモです。
案外と「おもしろいもののなかでもさらにおもしろい」ものを入手してしまったのかなぁとニヤつきながら、今朝もナデナデしてあげました。

<補注1> テマリソウのなかにテマリヒメという品種があって、それはレギュラー品より少し背丈が低いようには見えても、うちのマリモほど寸詰まりではありません。
<補注2> テマリソウがきっかけになって、アメリカナデシコを収録できました。(2021年6月30日

過去のきょう 2020 ハマナデシコ 2019 ヒメシダ 2018 ナンキンハゼ(斑入り) 2017 スズカケノキとモミジバスズカケノキ 2016 トネリコバノカエデ 2015 ギンヨウアカシア 2014 ホソイ 2013 ケンポナシ 2012 キケマン 2011 クサキョウチクトウ(オイランソウ) 2010 カジノキ 2009 オオバオオヤマレンゲ 2008 カタクリ 2007 ナツハゼ 2006 ノウゼンハレン(キンレンカ) 2005 ミズキ 2004 イングリッシュラベンダー

|

« 6月27日(日) モッコク | トップページ | 6月29日(火) ドドナエア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月27日(日) モッコク | トップページ | 6月29日(火) ドドナエア »