« 5月19日(水) セイヨウフダンソウ(スイスチャード) | トップページ | 5月21日(金) オオチゴユリ »

5月20日(木) サワフタギ

210520symplocos_sawafutagi
白にも濃淡はあることを実感しました。サワフタギの花、つくづくと濃い白です。
そう感じさせる要素は三つあって、まずはこの密集度合いです。ずいぶんと昔に収録した写真の花は、少し散漫に過ぎました。本当に沢を塞げるかなぁと、当時からやや不満足だったわけで、今回の木に会えて、ようやくスッキリです。
濃い白要素の二つ目が雄シベです。一つの花にいったい幾本あるものか、たいがいの資料では「多数」と逃げています。もちろんはた衛門も逃げます。
そして三つ目要素は、その雄シベ(や雌シベ)を包んでいたカプセルです。とても厚みのある白で、「濃い白」に貢献しています。ただ、問題はこれを花びら(花弁)と見なすかどうかなのです。気にするとこういうタイプの悩ましいパーツは案外に多くて、じつはきのうのセイヨウフダンソウも同じタイプでした。
こういう場合は花被とか花冠と呼び分けるらしくても、そういう言葉の境目がまた素人にはとても飲み込みにくくて、きょうもまた「きれいだなぁ」で終わりです。

<補注> 時期的に1カ月ほど早く、見事な開花に出会いました。(2023年4月23日

過去のきょう 2020 トベラ 2019 カンボク 2018 キバナカイウ(カラー・エリオッティアナ) 2017 ホソバヒナウスユキソウ  2016 オヘビイチゴ  2015 ハタケニラ  2014 ホオベニエニシダ  2013 コチョウラン  2012 セイヨウサンザシ  2011 ケヤキ  2010 ハグマノキ  2009 アオダモ  2008 ヤブジラミ  2007 カルケオラリア  2006 ツルウメモドキ  2005 トベラ  2004 カキノキ

|

« 5月19日(水) セイヨウフダンソウ(スイスチャード) | トップページ | 5月21日(金) オオチゴユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月19日(水) セイヨウフダンソウ(スイスチャード) | トップページ | 5月21日(金) オオチゴユリ »