« 3月16日(火) ハクサイ | トップページ | 3月18日(木) キバナハナニラ »

3月17日(水) サンゴジュ

210317viburnum_odoratissimum1
図鑑では「常緑樹」とされていても、やはり寒ければ落ちる葉もあるわけで、しかも同じ1本の木なのに、こうして緑の残り具合が違っていたりします。サンゴジュが20本近くも並んだこの垣根、いまはツートンカラーの斑模様でした。
210317viburnum_odoratissimum2
ただ、その枯れたような枝の先からはムックリと「春」が湧き出していて、大丈夫、あと2週間もすれば、ここは艶めいた緑で飾られることでしょう。
210317viburnum_odoratissimum3
そこで生き残りの葉に目を転じたら、「おやや?」でした。いままで、サンゴジュの葉にこんな瘤があるとは知りませんでした。主脈と側脈の付け根部分で、その葉先側がぷっくりと膨らんでいる葉(写真左)が何枚も見つかります。
その裏側(右)を見ると、瘤にあたる部分がえぐれて、その穴を毛がふさいでいます。これはダニ室と呼ばれるもので、この部屋の住人は小さなダニだそうです。ほかの虫が葉を食害しないよう、ダニが用心棒の役割をすると考えられています。
花がかわいいとか実が美しいとかばかり見てきたサンゴジュがこんな高度な知性を感じさせるシステムを持っていたとは、もはや最敬礼しかありません。

過去のきょう 2020 カツラ 2019 ソランドラ・マキシマ 2018 ミチノクフクジュソウ 2017 ウォールム・バンクシア(バンクシア・アエムラ) 2016 ムラサキオモト 2015 ベニウチワ(アンスリウム・シェルツェリアナム) 2014 ナンテン 2013 ナギイカダ 2012 ウメ(鹿児島紅) 2011 ロニセラ・フラグランティシマ 2010 ソメイヨシノ 2009 ヤマアイ(雌花) 2008 マツバギク 2007 ソテツ 2006 アンズ 2005 トサミズキ

|

« 3月16日(火) ハクサイ | トップページ | 3月18日(木) キバナハナニラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月16日(火) ハクサイ | トップページ | 3月18日(木) キバナハナニラ »