« 2月12日(金) ピレア・デプレッサ | トップページ | 2月14日(日) ユリオプスデージー »

2月13日(土) イチョウ

210213ginkgo_biloba
イチョウと言えば短枝です。短枝が出る樹種は別にイチョウだけではなく(注)ても、その目立ち度合いでいくと、圧倒的に「イチョウ=短枝」です。
そして短枝と言えば束生です。短い枝で効率的に光合成しようとして、本来は互生なのに、同じ節から何枚もの葉を出します。その痕がきれいに残っていました。
その中央でお饅頭型をしている冬芽がキュートです。ここからまた今年の節ができて、若緑の小さな葉っぱが何枚かかたまって出てくるわけです。
さて科学です。短枝はなぜできる? 木は無限には大きくならないからぁ~。どうもこのごろなんでもチコちゃんの口調になってしまって困ったものです。
ふつうの枝(長枝)が限界量になっても、そこから短枝を出せば、そしてそこに葉を束生させれば、光合成量をうんと増やすことができます。会社が大きくなりすぎたら子会社をいっぱい作ると、全体の利益が上がる…みたいな感じです。
短枝が企業経営につながっていたなんて、イチョウがエラいんだか、人間がエラいんだか、寒空の下で「たいしたもんだ」と感心してしまいました。

<短枝を持つ樹種:このブログに収録してあるもの・50音順>アオハダ ☆ イチハラトラノオ ☆ サワシバ ☆ ノグルミ ☆ ミズメ ☆ メタセコイア

過去のきょう 2020 ヤナギバルイラソウ  2019 ビワモドキ  2018 キルトスペルマ・ジョンストニイ 2017 ギンメイチク 2016 アオハダ 2015 ヒメバショウ(ビジンショウ) 2014 フヨウ 2013 アリドオシ 2012 クリハラン 2011 オウギバショウ(タビビトノキ) 2010 ドンベヤ・ワリッキー 2009 マツザカシダ 2008 カマツカ 2007 アブラナ 2006 ネコヤナギ 2005 ユキヤナギ

|

« 2月12日(金) ピレア・デプレッサ | トップページ | 2月14日(日) ユリオプスデージー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月12日(金) ピレア・デプレッサ | トップページ | 2月14日(日) ユリオプスデージー »