« 1月21日(木) カニクサ | トップページ | 1月23日(土) シンニンギア・カージナリス »

1月22日(金) セッコウボク

210122symphoricarpos_albus
スイカズラ科らしく、タマタマがくっついている箇所もあります。あれれ、こっち(嵌め込み画面)に見えるのは花殻ではありませんか。惜しかった~。
あとどれくらい早い時期なら良かったものか、ここまで枯れっ枯れの状態だと、春以降の再訪のためにこの場所を記憶するのが収録目的です。このまま枯れてしまったなんて意地悪はイヤですからね、セッコウボク(注1)さん。
そう、この木( Symphoricarpos albus:北米産)の和名はやや変なのです。どこが石膏なのかとキョロキョロするとそうではなくて、雪晃木とお洒落なのです。明るい純白の実が名前のもとと言います。え、ピンクですけど…。
さて、いまのこの色目は萎れたから出てきたものか、それとも「赤い白」もありなのか、いずれ季節が良くなれば判明することでしょう。それまで、ちょっとキザな標準和名に加えて、シラタマヒョウタンボクというそのまんま名前、およびスノーベリー(注2)という原産地での呼ばれ方をしっかり覚えるようにがんばってみましょう。

<補注1> この木は Symphoricarpos のなかでもスカーレットパールという園芸種のようです。したがって、この木にセッコウボクという和名をあてるのは妥当ではなかった気がしますが、暫定で当初のままにしておきます。(2022年秋)
<補注2> 実が真っ白のスノーベリーを収録しました。(2022年11月4日
<補注3> 実が赤くて小さいシンフォリカルポスもありました。(2022年11月10日

過去のきょう 2020 サラシナショウマ 2019 ヤハズヤシ 2018 ハイゴケ 2017 クサトベラ 2016 キンヨウボク 2015 ヘラオオバコ 2014 カジイチゴ 2013 マテバシイ 2012 フモトシダ  2011 オヒルギ 2010 キバナサンタンカ 2009 ヒメリュウキンカ 2008 チョウセンゴミシ 2007 シュロチク 2006 サンシュユ 2005 イヌビワ

|

« 1月21日(木) カニクサ | トップページ | 1月23日(土) シンニンギア・カージナリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月21日(木) カニクサ | トップページ | 1月23日(土) シンニンギア・カージナリス »