« 12月13日(日) コーヒーノキ | トップページ | 番外編 : 二代目タブレット »

12月14日(月) クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)

201214passiflora_edulis
まるでキカラスウリみたいにデカい実です。種とそれを包むオネバという中身構成は同じでも、こちらは見るからにずっしりして、お肌もツヤツヤです。
生食したことはまだなくて、たまにパッションフルーツジュースを味わうくらいのお付き合いです。これから熟すと、この皮が真っ赤になって食べごろ飲みごろになるわけで、その色合いとか艶はふつうのトケイソウと同じです。
しかしまあ、トケイソウ属(Passiflora)というのは500種以上からなっているのだそうで、ここには「ふつう」と「ベニバナ」に加えてこれでようやく3種目です。どう考えても行き着くことのできない奥深さに打ちのめされました。
さらに「打撃」だったのは、パッションフルーツのPassionは「情熱」ではないのだという事実です。あのジュースを飲んだらモリモリ元気になると思っていたのに、「キリストの受難」だなんて、一度磔にかかってみないと治らないおバカでした。

<補注> 初夏、花を見ました。(2021年6月8日

過去のきょう 2019 ネジキ 2018 ヨウサイ(クウシンサイ) 2017 フランネルフラワー 2016 ヘミグラフィス・エキゾチカ 2015 ハイアワユキセンダングサとウインターコスモス 2014 カリガネソウ 2013 タコノアシ 2012 キジョラン(とアサギマダラの卵) 2011 フサザクラ 2010 ノハラアザミ 2009 サンパチェンス 2008 カラスザンショウ 2007 フウ 2006 ムラサキキャベツ 2005 ハナヒョウタンボク 2004 ホオズキ

|

« 12月13日(日) コーヒーノキ | トップページ | 番外編 : 二代目タブレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月13日(日) コーヒーノキ | トップページ | 番外編 : 二代目タブレット »