« 12月3日(木) エンピツビャクシン | トップページ | 12月4日(金) 万願寺とうがらし »

番外編 : 立山

Turugidake
新幹線が富山にさしかかると「左手に立山が見えます」とアナウンスが入ります。冬だと「おーぉ、佐々成政くん、あれ越えたのかー」と感動するわけです。
ただ、「立山」という単独峰はなくて、それが3,000m級の山々の連なりだという基礎知識はあって、どのピークがなんという山なのか知りたいものと願っていました。
で、雪化粧した屏風を遠望し、一番険しい山容に単純に惹かれました。どうやらこれは剱岳というようです。標高2,999mだそうで、おいおい国土地理院さん、1mぐらいオマケしてあげようよと、かなり真面目に思います。
Yakusidake
そこからグイッと右に目を転じると、今度は一転して優しい姿が横たわっていて、これがたぶん薬師岳(と北薬師岳)でしょう。これでも2,926mあるそうで、穏やかな姿とは裏腹の世界が待っていそうです。
ただ、いくら待っていてくださっても、そんなところへは絶対に行く気のないお気楽爺さんは、「次は成政くんが越えたザラ峠とやらを認識したいものじゃ」と熱いコーヒーをいただきながら思うのでした。

|

« 12月3日(木) エンピツビャクシン | トップページ | 12月4日(金) 万願寺とうがらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月3日(木) エンピツビャクシン | トップページ | 12月4日(金) 万願寺とうがらし »