« 12月22日(火) ノウゼンハレン(キンレンカ、ナスタチウム) | トップページ | 12月24日(木) チコリ・プレコーチェ »

12月23日(水) コムラサキ

201223callicarpa_dichotoma
ムラサキシキブの洒脱な抜け方に比べると、やはりコムラサキのそれは「小」者だなぁと、少し哀れんでしまいました。あんな風に紫のまま透明になるのは、なかなか高度な技みたいで、白濁した上に茶色くなっては興ざめです。
しかし、そんな酷な評価だけでは申し訳ないので、この写真はムラサキシキブとの見分けポイントの確認という目的にすり替えましょう。葉痕(葉芽)と果実の柄がほんの1mmほど離れています。ムラサキシキブはここがくっつきます。
というノリで昔の「抜けた」写真を確かめたら、そんなことは意識せずに写していて、あらま、困りました。ジトッと探したら、画面中央でボケてはいるものの葉痕と柄が接しているのが見えました。やれやれ、一件落着です。

過去のきょう 2019 ツルバギア・フラグランス 2018 ブーゲンビリア 2017 チョウセンレンギョウ 2016 センダンとエンジュ 2015 アメリカアサガラ 2014 セイヨウキヅタ(ヘデラ・ヘリックス、イングリッシュ・アイビー) 2013 カラスザンショウ 2012 リュウキュウマメガキ 2011 センボンヤリ 2010 シロガネヨシ(パンパスグラス) 2009 マメキンカン 2008 ユキツバキ 2007 ミヤマフユイチゴ 2006 ユリオプスデージー 2005 スイカズラ 2004 アリッサム

|

« 12月22日(火) ノウゼンハレン(キンレンカ、ナスタチウム) | トップページ | 12月24日(木) チコリ・プレコーチェ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月22日(火) ノウゼンハレン(キンレンカ、ナスタチウム) | トップページ | 12月24日(木) チコリ・プレコーチェ »