« 11月8日(日) クレロデンドルム・インキスム | トップページ | 11月10日(火) バラ(アンマリー・ド・モントラベル) »

11月9日(月) マルバアメリカアサガオ

201109ipomoea-hederacea-var-integriuscul
おや、萼がずいぶん毛深いなあ。オキナアサガオの親戚かい…と思ったのは進歩だったのか退歩だったのか、ビミョーです。
オキナアサガオを知らなかったときは萼片の反り具合とか花柄の短さとか、ほかの手がかりから懸命に調べたものだったのに、萼がモフモフしているオキナが判断基準に加わったら、すぐにそっちに引っ張られてしまいました。
じっくり見て、いやいや、オキナのモフモフはこんなもんじゃないや、と思い直し、なぁんだマルバアメリカアサガオでいいのか!となりました。

それにしても不思議なのは、ここに種を運んだのは誰?ということです。およそ所有者がはっきりしない道端の空閑地です。しかも、マルバアメリカなど好んで播く人がいるとは考えにくいのです。一方で、鳥がアサガオ類の種を啄む姿はついぞ見たことがなく、思えばマルバアサガオ(アメリカではない)が咲き誇っていた場所だって、人が種を播くような場所ではありませんでした。
こんな野性系アサガオの版図の広げ方、ちょっと渋い観察課題です。

過去のきょう 2019 キッコウハグマ 2018 オオムラサキシキブ 2017 ツブラジイ 2016 モミジバフウ 2015 コエビソウ 2014 コウヨウザン 2013 カンレンボク 2012 ソバ 2011 ツメレンゲ 2010 キクニガナ(チコリ) 2009 アワコガネギク 2008 ジャコウソウモドキ 2007 シラキ 2006 スズメウリ 2005 ハナミズキ(アメリカヤマボウシ) 2004 キダチチョウセンアサガオ

|

« 11月8日(日) クレロデンドルム・インキスム | トップページ | 11月10日(火) バラ(アンマリー・ド・モントラベル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月8日(日) クレロデンドルム・インキスム | トップページ | 11月10日(火) バラ(アンマリー・ド・モントラベル) »