« 10月13日(火) フヨウ | トップページ | 10月15日(木) サンタンカ(イクソラ・シネンシス) »

10月14日(水) オカヒジキ

201014okahijiki
砂浜にはふつうに自生しているというオカヒジキなのに、海なし県埼玉だと畑を探すしかありません。そしてそういう「農作物」の場合、収穫期が過ぎれば早々に抜去されてしまいます。かつて「次は花を」と狙った畑でも、再訪の結果は鋤き返された黒い土を虚しく見つめただけでした。
そんな悲しい過去からすれば、こんなヘナヘナ状態でも大感激です。もはや花とは言えず、かといって実でもなさそうなこんな姿でも、ありがたくて涙が出ます。
調べると、そもそも5枚の白い花びらは広がることがなく、とろけるように子房を包むらしいのです。したがって、「なにがなにやら」の今回の様子も、案外にオカヒジキの花と言ってかまわないのかと開き直っておきましょう。
自然状態だと、子房はこれから少し大きくなり、全体がこのままの姿でミイラ化し、乾いて割れた果実から種がこぼれるようです。今回、このヘナヘナを見せてくださった人にそこまでの「保存」を望むのも厚かましい話で、オカヒジキ追跡物語はとりあえずここで一件落着ということにしておきます。

過去のきょう 2019 タイアザミ 2018 ザミア・フルフラセア 2017 クマノミズキ 2016 アカシデ(ソロ) 2015 サワフタギ 2014 キミノクロガネモチ 2013 サネカズラ 2012 ナルコユリ 2011 ヨモギギク(タンジー) 2010 ヒルムシロ 2009 ヒシ 2008 ヒメマツバボタン 2007 ベンケイソウ 2006 ホトトギス 2005 ポポー 2004 キツネノマゴ

|

« 10月13日(火) フヨウ | トップページ | 10月15日(木) サンタンカ(イクソラ・シネンシス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月13日(火) フヨウ | トップページ | 10月15日(木) サンタンカ(イクソラ・シネンシス) »