« 10月6日(火) スズメノヒエ | トップページ | 10月8日(木) ゴマナ »

10月7日(水) ネズミサシ

201007juniperus_rigida1
わかったぞぉー!です。去年悩んだ「チューリップ状に開いた物体」は、これが雌花でした。初めは胚珠が剥き出しで、それが「花」状態であり、そこから徐々に鱗片が肥厚して胚珠を包み込んで「実」になるのでした。
201007juniperus_rigida2
その実は2~3年にわたって枝に残り、白っぽい緑色から黒紫色まで変化するわけで、「咲いた咲いた桜が咲いた」とはかなり異なる生態でした。実を齧ってみると、この変化の過程がギッシリと包み込まれていました。
201007juniperus_rigida3
ところが、まだわからんぞぉー!です。なんですか、このウッドペッカーみたいなパーツは? 写真上部は自然状態で、それをこじ開けてみたのが下の嵌め込みです。さらに枯れたもの(右下)もあって、これらはみな雌株についていました。
ネズミサシ、なかなか楽しませてくれます。雌花でも実でもない、雄花でもない、この第3のパーツ、正体はいったいいつわかることでしょう。

過去のきょう 2019 サカキ 2018 タイヌビエ 2017 ゴキヅル 2016 トウガラシ(ブラックパール) 2015 チョウマメ(クリトリア) 2014 ペンタス 2013 シマスズメノヒエ 2012 コクテンギ 2011 オオミサンザシ 2010 ハッカ(ニホンハッカ) 2009 ヒメヒゴタイ 2008 ミヤギノハギ 2007 コガネバナ 2006 ヤマジノホトトギス 2005 オギ 2004 ハス

|

« 10月6日(火) スズメノヒエ | トップページ | 10月8日(木) ゴマナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月6日(火) スズメノヒエ | トップページ | 10月8日(木) ゴマナ »