« 10月3日(土) フッキソウ | トップページ | 番外編 : ヒガンバナ »

10月4日(日) タマブキ

201004tamabuki1
ここには初登場になるので、まずは全体の姿と生息環境の様子です。花茎が長く、かなり間延びしているので、写真素材としては嫌なタイプです。山のなかの半日陰で、当然ながら湿気も十分という場所でした。
201004tamabuki2
そして名前(球蕗)の由来であるムカゴです。擬宝珠型でキュートです。
201004tamabuki3
花は、まあ、あの、その、こんなです。雌シベの先が羊さんみたいでかわいいのが救いでも、全体が毛深くて、うーんワイルドだぜい。
キク科コウモリソウ属という、わりと大きなグループの一員で、収録してある仲間にはモミジガサがあります。次は属名そのもののコウモリソウに迫り、返す刀でタイミンガサなどという不思議な名前を取り上げ…と構想だけは膨らみます。

過去のきょう 2019 ステルンベルギア 2018 ヒヨクヒバ 2017 アワブキ 2016 サザンカ 2015 ハンノウツツジ 2014 ホソバヒイラギナンテン 2013 シナサワグルミ 2012 クサヨシ 2011 ナガエコミカンソウ 2010 ギンミズヒキ 2009 アキグミ 2008 イノコヅチ 2007 キジョラン 2006 シラヤマギク 2005 ウスギモクセイ 2004 メキシカン・ブッシュ・セージ

|

« 10月3日(土) フッキソウ | トップページ | 番外編 : ヒガンバナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月3日(土) フッキソウ | トップページ | 番外編 : ヒガンバナ »