« 10月4日(日) タマブキ | トップページ | 10月5日(月) クレロデンドルム・インキスム »

番外編 : ヒガンバナ

Lycoris_radiata0
目にはヒガンバナ、街キンモクセイ、初マツタケの季節がまた巡ってきて、やれやれ、束の間の過ごしやすさです。
で、毎度・毎度のこんな景色を眺めていたら、おやや、初めて気づきました。1本のヒガンバナにつく花の数、手前の蕾状態を見たら、明らかに差があります。
Lycoris_radiata5
そこで、手当たり次第に花を上から覗いてみました。まずは1本に5個です。この日探したなかでは一番少ない数でした。
Lycoris_radiata6_7
次いで6個または7個です。どうやらこのあたりが多数派だし、一輪の雄シベが6本ということを考えると、花茎1本に花6個を標準と考えていい感じです。
Lycoris_radiata8
そしてこの日の最高記録は8個でした。こういう多花性の鱗茎だけを選抜育成したら、毎度・毎度の景色はさらにパワーアップしそうです。
いやいや、賑やかならいいワケではなく、せっかく到来した涼しさが暑苦しい景色になる恐れもあります。ものごとはありのままが一番、いろいろ混じっているのが自然…という、可もなく不可もない結論と相成りました。
Kisetu
おっと、ものはついでなので、「らしい」写真を添えておきます。

|

« 10月4日(日) タマブキ | トップページ | 10月5日(月) クレロデンドルム・インキスム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月4日(日) タマブキ | トップページ | 10月5日(月) クレロデンドルム・インキスム »