« 番外編 : ヒガンバナ | トップページ | 10月6日(火) スズメノヒエ »

10月5日(月) クレロデンドルム・インキスム

201005clerodendrum_incisum1
あの白い音符がどうやって「開花」するのかと思ったら、背中が割れるのでした。なにか昆虫の羽化を思わせはしても、なかから出るのは真っ赤なシベです。
日持ちはあまりしないらしく、のびたてと萎れたものの差がずいぶん目立ちます。そんな「終了品」でも雌シベはシャンとしたもので、こら旦那、しっかりせんか!
201005clerodendrum_incisum2
その旦那、元気なうちは真っ黄色の花粉を思い切り放出します。なのに自分の奥さんは、その花粉を浴びないよう、グィーンと突き出て、人間世界だったらこれはマズイ事態でも、植物界ではセオリーなので咎めることではありません。
その奥さん、うわわ、これじゃ、蛇の舌ですがな。ついこないだ、野道で出会った蛇がピロロピロロと動かしていた舌がちょうどこんな感じでしたっけ。

<補注> この長い花筒がまるで無駄に思われるような、地味で無骨な実を見つけました。(2020年11月8日

過去のきょう 2019 カラスザンショウ 2018 エノキグサ 2017 シロガネヨシ(パンパスグラス) 2016 アレチウリ 2015 オニヤブソテツ 2014 ホソバオケラ 2013 ガマ 2012 ナツハゼ 2011 コナラ 2010 デュランタ(タイワンレンギョウ) 2009 フジカンゾウ 2008 センブリ 2007 コバノガマズミ 2006 オオバショウマ 2005 ヒガンバナ(農薬変化) 2004 キンモクセイ

|

« 番外編 : ヒガンバナ | トップページ | 10月6日(火) スズメノヒエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : ヒガンバナ | トップページ | 10月6日(火) スズメノヒエ »