« 10月19日(月) クロウエア・エクサラタ(ホワイトサザンクロス) | トップページ | 10月21日(水) ロウバイ類(種類未詳) »

10月20日(火) オカノリ

201020malva_verticillata_varcrispa1
オカヒジキオカワカメに続く3種目の「陸地性海藻・笑」です。一般的な知名度もたぶんこの順で、オカノリの畑は見つけることができません。しかたなく自分で種を買い込んでプランター栽培することにしました。
201020malva_verticillata_varcrispa2
先月2日に種を播きました。バラ播きか筋播きでいいというので、テキトーにバラバラッと袋からこぼし、土は被せませんでした。そしたら二日後には芽が出始め、翌日には双葉が押しくら饅頭状態で、さっそく間引きが必要でした。
1週間後には本葉が出始め、それから10日もすると2枚目の本葉がそろい、一応これでオカノリの株らしい形になりました。
途中、間引きした葉を何度か生で食べました。ふわふわと柔らかな食感で、まったくクセというものがなく、かなり扱いやすい食材です。
201020malva_verticillata_varcrispa3
葉が手のひら程度に大きくなったので、水気を切ってから焼いてみました。これはすごい! まさに海苔です。パリパリと音がするほど張りがあり、ほんのりと磯の香りまでします。目隠しして食べさせたら、たいていの人は「海苔だ」というでしょう。
201020malva_mauritiana
さてここからはオカノリとはなんぞや?です。オカノリは「フユアオイの栽培変種」と説明されます。しかし、フユアオイの葉とオカノリの葉は形がかなり違います。一方、この季節にも元気なゼニアオイの葉(↑)は、フワフワ対ゴワゴワの質感差があるとは言え、形だけ見ればこちらの方がずっと似ています。
これらはみなMalva(アオイ科ゼニアオイ属)ではあって、しっかり学名で関連性を確認する必要があります。
オカノリ=Malva verticillata var. crispa 中国名:冬葵
フユアオイ=Malva verticillate 中国名:野葵
ゼニアオイ=Malva mauritiana
つまり、上述の一般説明は正しくて、葉の形に惑わされてはダメでした。さらにオカノリは中国では「冬葵」と呼ばれていることも興味ある事実です。

…ということで、オカノリについて残る課題は花と実です。フユアオイについてはそれらを幸運にも記録できているので、このあとの比較が楽しみです。

過去のきょう 2019 ハチジョウアザミ 2018 ツクバネ  2017 アベマキ 2016 ホンカイドウ 2015 ユーカリノキ 2014 ネコノチチ 2013 ラクウショウ 2012 ヤクシソウ 2011 キクダイダイ 2010 サルビア(サルビア・スプレンデンス) 2009 アオノリュウゼツラン 2008 イワダレソウ 2007 アケビ 2006 アキギリ 2005 キダチチョウセンアサガオ(八重) 2004 ゴールデンピラミッド

|

« 10月19日(月) クロウエア・エクサラタ(ホワイトサザンクロス) | トップページ | 10月21日(水) ロウバイ類(種類未詳) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月19日(月) クロウエア・エクサラタ(ホワイトサザンクロス) | トップページ | 10月21日(水) ロウバイ類(種類未詳) »