« 8月2日(日) レンブ | トップページ | 8月4日(火) ミナヅキ »

8月3日(月) フクロユキノシタ(セファロタス)

200803cephalotus_follicularis
ホタテ貝…、パックマン…、しみじみ見ていると腹が立ってきます。ケケケケケと笑っている口になにか放り込みたくなります。真っ赤な唇をつねりたくなります。
その口だけでも憎たらしいのに、その下の胴体がまた卑猥です。親指くらいの大きさのこんなものがニュキニョキしているなんて、まるで悪い夢です。
さらにフクロユキノシタという立派な和名があるのが生意気です。学名をCephalotus follicularisといい、セファロタスと呼んで収集する愛好家もいるようです。フクロユキノシタ科にはこの1種しかなくて、つまり仲間がゼロ、孤独なのです。
パックリ開けた口はなんなのかと言えば、当然に虫を食べます。オーストラリアの西側の一部にしかなくて、かつてはワシントン条約の対象でした。ただ、栽培が容易なのでいまは規制がはずれ、こうして爺さんをあざ笑ってくれるわけです。

過去のきょう 2019 マツムシソウ 2018 ヒメグルミ 2017 ピンオーク 2016 タマアジサイ 2015 ニオイバンマツリ(アメリカジャスミン) 2014 アオヤギソウ 2013 ナナミノキ 2012 ダイコンソウ 2011 シロバナキキョウ 2010 キツネノカミソリ 2009 アーティチョーク 2008 ハマボウ 2007 コオニユリ 2006 トコロ 2005 キツネノカミソリ 2004 スベリヒユ

|

« 8月2日(日) レンブ | トップページ | 8月4日(火) ミナヅキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月2日(日) レンブ | トップページ | 8月4日(火) ミナヅキ »