« 8月29日(土) ニチニチソウ | トップページ | 8月31日(月) センジュガンピ »

8月30日(日) セイロンライティア

200830wrightia_antidysenteric1
ウチのライティアが無事に冬越しをして、グィンと大きくなりました。春の植え替えが功を奏したようで、ボリウムで言うなら去年の10倍ほどもあります。
200830wrightia_antidysenteric2
その生長の原動力がこの「ふた股ドンドンシステム」です。枝が2節のびると、そこで必ずふた股に分岐し、その間から花芽を出して、5~6個咲きます。1枚目写真の枝のほとんどは、そうやってこの春からのびたものです。去年は根もとから3~4段しかなかったのに、今年はもう軽く10段オーバー、驚異の生長力です。
問題はこれをどう剪定するかです。永遠にふた股分岐を繰り返された日には、早晩、鉢植え植物の域を超えてしまいます。冬越しは室内なので、兎小屋の住人たちは棲む場所をこのライティアさんに奪われてしまいます。
どうやら開花期間中でも遠慮なく切り戻しをしていいらしいとは学んでも、知識と実技はなかなかシンクロしないものです。蕾をいっぱいつけた枝を切り落とすなんて薄情なことはできなくて、きょうも指をくわえて花を愛でています。

<追録> ときどき、イチモンジセセリが吸蜜しているのを見かけます。落ちた花の付け根を吸ってみると、ハッキリした甘さを感じます。
ただ、実はいままで一つもできず、新鮮な雌シベをつけたまま、子房はポロポロ落ちるばかりです。(2020年9月14日)
Itimonnjiseseri
過去のきょう 2019 ツブラジイ 2018 イモネノホシアサガオ 2017 コカモメヅル 2016 モミジルコウ(ハゴロモルコウソウ) 2015 アメリカブクリョウサイ(ゴマギク) 2014 クチナシ 2013 ノシラン 2012 ヤマハギ 2011 ハツユキカズラ 2010 ヘラオモダカ 2009 ホツツジ 2008 マツカサアザミ 2007 ヤマホタルブクロ 2006 ホウセンカ 2005 メランポジウム 2004 トロロアオイ

|

« 8月29日(土) ニチニチソウ | トップページ | 8月31日(月) センジュガンピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月29日(土) ニチニチソウ | トップページ | 8月31日(月) センジュガンピ »