« 8月22日(土) シラタマノキ | トップページ | 8月24日(月) ツルコケモモ »

8月23日(日) チョロギ

200823tyorogi_1zentai
ラムズイヤーの和名がワタチョロギだと知ってみると、「ワタ」ではない、ただのチョロギをここに収録しなければ、ことは収まりがつかなくなりました。ところが、チョロギの栽培農家はもちろん、市民農園でもそれを作る人が見つかりません。
思いあまって、この2月、ネットで塊茎を購入し、自分で植え付けました。もちろん、畑はおろか庭もない兎小屋のこと、テキトーな鉢でのお試し栽培です。
そして半年待ちました。え、チョロギって懸崖作りするものですか・汗。いくら支柱を添えてあげても、立ち上がる気はさらさらなく、横へ横へと這うばかりです。
200823tyorogi_2hana
ここらで一発、姿を記録しておかないとなぁと、少しばかりおめかし(枯れた葉を除去)していたら、ありゃ! 花がついていました。地味ですゥ~。
200823tyorogi_3hikaku
しかしこの花も、そして茎の這う様子も、Wikiで見るチョロギとは大違いです。ただ、JAおおいたさんのページにあった畑の写真は、ウチとかなり雰囲気が似ています。(写真・左がWiki、右がJAおおいた:ともに無断借用=すみません)
うーん、不思議です。あのクレヨンしんちゃん御用達の塊茎をつけることは同じでも、地上部が違う2種類があるということでしょうか。調べていくと、チョロギの学名としてはStachys affinisとStachys sieboldiiが出てきます。
ただし、YListによればチョロギはsieboldiiを標準とし、Wikiが学名としているaffinisはシノニム(異名)としています。2種類あるのではなく、同じものです。
そして、ほかのJAとか、あるいは「チョロギを育ててみました」的な参考ページを見ると、程度の差こそあれ、ウチの「のたうち型」に近い姿が認められます。はっきり言うと、にわか調べのなかではWikiの写真だけが異質で、どちらかと言えばカッコウソウ(カッコウチョロギ=Betonica officinalis、ここには未収録)の姿に近いように見えます。
ただ、牧野図鑑の挿絵は案外にすっきり立っているし、解説にも「茎は四角形で直立し高さ30~60cm」とあります。

さあ、困りました。ウチの栽培環境が悪すぎるということも考えられます。来年は違う種苗屋さんの塊茎を買い込み、あのイトーさんに頼んで栽培してもらいますか。春から暮れまでずっと畑の一部を占有するのは嫌がられるはずで、いまからIR汚職を見習って贈賄工作をしておこうかなぁ、とか、悶々の日々です。

<補注> 少しだけ状況に変化がありました。(2020年9月18日

過去のきょう 2019 チシャ 2018 サンユウカ(八重サンユウカ) 2017 カジノキ 2016 セイヨウキヅタ(ヘデラ・ヘリックス、イングリッシュ・アイビー) 2015 クサギ 2014 スズムシバナ 2013 アカメガシワ 2012 メドハギ 2011 ヒャクニチソウ 2010 シクンシ 2009 チチタケ 2008 テッポウユリ 2007 ヒャクニチソウ 2006 タカサゴユリ 2005 ミズヒキ 2004 ハナトラノオ(カクトラノオ)

|

« 8月22日(土) シラタマノキ | トップページ | 8月24日(月) ツルコケモモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月22日(土) シラタマノキ | トップページ | 8月24日(月) ツルコケモモ »