« 7月15日(水) マダガスカルジャスミン | トップページ | 7月17日(金) ピンポンノキ »

7月16日(木) パキポディウム・エブレネウム

200716pachypodium_eburneum
きのう、マダガスカル(島)が登場したので、ついでと言ったらかわいそうでもパキポディウム(同島原産)です。パキポの仲間はここには2種収録していて、最初はその名前に惹きつけられたアアソウカイ(Pachypodium geayi)でした。
次いで、パキポ仲間では一番ポピュラーらしいグラキリス(P. gracilius)を取り上げることになり、アアソウカイではあまり意識しなかったパキポディウムというややこしい属名を覚える必要に駆られたという「歴史」があります。
その流れでエブレネウムです。塊根の幅で20cm少々でも、ググるとウン万円の値段がついていて、なかなかに「趣味の一品」のようです。
さらにググると、この塊根から花茎がグィーンとのび出し、その先にボボンと大きな花をつける可能性もあるようです。そう言えばアアソウカイも花殻を見たにとどまっていて、どのパキポでもいいから、この目で花を見たいものです。

過去のきょう 2019 イタリアンパセリ 2018 テンダイウヤク 2017 ウバメガシ 2016 トウジュロ 2015 クリ 2014 シモツケソウ 2013 アオギリ 2012 ワラビ 2011 ヒトツバカエデ 2010 ヒマラヤヤマボウシ 2009 ヤブマオ 2008 モクゲンジ 2007 セイヨウフウチョウソウ(クレオメ) 2006 アサザ 2005 ヒメヒオウギズイセン 2004 リアトリス

|

« 7月15日(水) マダガスカルジャスミン | トップページ | 7月17日(金) ピンポンノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月15日(水) マダガスカルジャスミン | トップページ | 7月17日(金) ピンポンノキ »