« 6月8日(月) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ) | トップページ | 6月10日(水) カンガルーポー »

6月9日(火) ヤブデマリ・ピンクビューティ

200609viburnum_pink_beauty
5つに割れた花びらの下2枚が大きくて、なんとなく素性がバレバレです。すでにたくさんできている実も、けっこう見慣れたつき方と形です。
そして、なんと言っても刻みの深いこの葉で、もうガマズミ属そのものです。せっかく頬紅塗りまくったのに、ヤブデマリはやっぱりヤブデマリでした。
しかし、笑ってしまったら作出した人には申し訳ない話で、このピンク色がどこから出るものかはまったく想像がつきません。いままで野山のヤブデマリの花びらにこんな色みが潜んでいるなんて、気配すら感じたことがありませんでした。
さらに、名前だって「ビバーナム・ピンクビューティ」とされてしまう(注)と、案外に園芸センターではいいお値段がしそうです。これからふつうのヤブデマリの花を見るときは、どこかに赤みが含まれていないかチェックしそうです。

<補注> ビバーナム(Viburnum)はガマズミ属の属名です。なお、ヤブデマリには矮性のヒメヤブデマリという園芸品があり、このピンクビューティはそれを母種にしたものだそうで、腰丈程度に収まる美点があります。

過去のきょう 2019 キュウリノキ(ナガバノゴレンシ) 2018 タチアワユキセンダングサ 2017 トウキ 2016 オオトウワタ 2015 マツモトセンノウ 2014 シリブカガシとマテバシイ 2013 アナガリス(ルリハコベ) 2012 イヌリンゴ 2011 キレンゲツツジ 2010 ナルコユリ 2009 ニワウルシ(雄株) 2008 コアジサイ 2007 ノリウツギ 2006 プリベット 2005 サルビア・グアラニチカ 2004 ネムノキ

|

« 6月8日(月) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ) | トップページ | 6月10日(水) カンガルーポー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月8日(月) サフランモドキ(ゼフィランサス・カリナタ) | トップページ | 6月10日(水) カンガルーポー »