« 5月22日(金) ムラサキハクチョウゲ | トップページ | 5月24日(日) カロリナハコヤナギ(カロリナポプラ) »

5月23日(土) マツバウンラン

200523matubaunran1
しぶとい路傍の草2種の競演です。この場所でこそ花が終わってしまい、きょうのタイトルはマツバウンランに譲ったものの、なんの、ナガミヒナゲシだってまだまだオレンジ色の花をそこかしこで見ることができます。
そんなしぶとい系の特色は種をこしらえるスピードで、花を咲かせながら、実(種)は次から次と熟成していきます。マツバウンランの実はこのように緑色が強いままで、ひと月前がそうだったように、種はまだ白いのかと思ったら、違いました。
200523matubaunran2
こんな色のわりに蓋はもう枯れてすぐに割れ、なかの種はすでに熟成色でした。ナガミヒナゲシの種だけを見たときは「芥子粒とはこれのこと!」と思ったのに、マツバウンランの種(左側)はそれを圧倒する小ささでした。
そしてその数です。手のひらに散らすときに半分ほどがこぼれ落ちてしまったので、一つの殻に入っているのはざっと見積もって80~90粒でしょう。ナガミヒナゲシのひと莢あたり1,000粒に比べると少なくても、なにせ茎1本につく実の数が違います。マツバウンランの正体見たり、侮りがたい小悪魔でした。

過去のきょう 2019 メコノプシス・グランディス(ヒマラヤの青いケシ) 2018 モミ 2017 ハンノウツツジとコアジサイ  2016 ハリグワ  2015 ハンショウヅル  2014 キンポウゲとウマノアシガタ(キンポウゲ)  2013 ツリガネカズラ  2012 スズメノエンドウ  2011 コウシンバラ  2010 シュロ(ワジュロ)  2009 キングサリ  2008 ユキザサ  2007 コマツヨイグサ  2006 ジャガイモ  2005 オランダカイウ(カラー)  2004 トキワツユクサ

|

« 5月22日(金) ムラサキハクチョウゲ | トップページ | 5月24日(日) カロリナハコヤナギ(カロリナポプラ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月22日(金) ムラサキハクチョウゲ | トップページ | 5月24日(日) カロリナハコヤナギ(カロリナポプラ) »