« 4月28日(火) ツバキ(卜半または卜伴) | トップページ | 4月30日(木) ウンナンオガタマ »

4月29日(水) チョウジソウ

200429tyoujisou1
在来のチョウジソウを見分ける基準をほんのチョビっと理解できた気がします。去年、「え、違う?」とビビったのは、「在来種なら花の中心部に濃い紫の陰りがある」と知ったことが発端でした。
そのとき、「中心部」とは花筒の内側だと思い込んだのが間違いのもとでした。そこは白い毛に覆われていて、陰りなど生じようがありません。あらためて考えると、その中心部とは5裂した花びらの付け根のことで、たしかにそこは色が深めです。
そして今回、「これが在来種だ」と自信を持てた最大のポイントは萼の色です。そこがこのように暗い赤紫を帯びているなら在来種で、対する外来のもの(すべてかどうかは不明)はふつうに緑色らしいのです。
200429tyoujisou2
加えて茎の色です。こうしてかなり黒っぽいのです。
そして、もう一つビビった「葉の幅(のなさ)」は、絶対値ではなく長さとの相対値で見るのではないかと考えました。いくら定規で測ってみたところで幅は2cm前後しかありません。したがって、そんなにふっくら型なのではなく、10cm程度しかない長さとの対比で、そこそこゆったりに見えればそれでOKなのだろうと思います。
問題は、種苗会社あたりが血統証明をしてくれた「由緒正しい外来種」そのものをまだ見ていないことです。上にあげたような判別ポイントを対比してみないことには、なにせ一方的に「これが在来種だぁ」と叫んでいるに過ぎません。そんなお馬鹿を慰めるように、写真の右奥ではミツバチがチューチューしていました。
あわててピントを当て直している間に蜂さんはピューと飛んで行ってしまい、とりあえずミツバチも花粉媒介者の一員であることだけは確認できました。

過去のきょう 2019 エピメディウム・ペラルデリアヌム(黄蝶) 2018 マンゴー 2017 ヤマブドウ 2016 アズサ(ヨグソミネバリ) 2015 ナツグミ 2014 クサタチバナ 2013 アリドオシ 2012 ヒメオドリコソウ 2011 ヒノキ 2010 メグスリノキ(雄花) 2009 マムシグサ 2008 エンレイソウ 2007 サルトリイバラ(サンキライ) 2006 ムサシアブミ 2005 モチツツジ 2004 シダレザクラ

|

« 4月28日(火) ツバキ(卜半または卜伴) | トップページ | 4月30日(木) ウンナンオガタマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月28日(火) ツバキ(卜半または卜伴) | トップページ | 4月30日(木) ウンナンオガタマ »