« 4月14日(火) イヌリンゴ(ヒメリンゴ) | トップページ | 4月16日(木) アカシア・フィンブリアタ(ブリスベンワトル) »

4月15日(水) チユウキンレン

200415ensete_lasiocarpum1
陽光に黄色が輝きます。一枚一枚のサイズが手のひらほどあります。 その巨大黄金物体が展開する隙間から花が咲き出していて、これはもうバショウ科そのものの構造です。バショウバナナ類と同じで、ただし苞葉や花の開く方向が逆で空を向きます。それがそのまま名前になっていて、地から湧く金の蓮、地湧金蓮、チユウキンレン、英名はChinese yellow banana、こちらもそのまんまです。
200415ensete_lasiocarpum2
耐寒性(中国雲南省原産)とは言え、カメラをちょいと引くと、冬を越した姿はやや苦しげです。それでも、幹に相当する葉鞘は逞しく、その上で開く苞葉はまさに蓮の花、ドドーン・ズドーンと地から湧く音が聞こえそうに雄大な景色です。

過去のきょう 2019 ミズバショウ 2018 メグスリノキ 2017 オオバベニガシワ 2016 ウコン(鬱金桜) 2015 ツバキ(崑崙黒) 2014 センダイタイゲキ 2013 ツバキ(九重) 2012 アネモネ 2011 ハタザクラ 2010 ハシバミ 2009 ハリエニシダ 2008 ミドリウスバサイシン 2007 ラショウモンカズラ 2006 ヤブタビラコ 2005 シロバナハナズオウ

|

« 4月14日(火) イヌリンゴ(ヒメリンゴ) | トップページ | 4月16日(木) アカシア・フィンブリアタ(ブリスベンワトル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月14日(火) イヌリンゴ(ヒメリンゴ) | トップページ | 4月16日(木) アカシア・フィンブリアタ(ブリスベンワトル) »