« 4月7日(火) カラシナ(セイヨウカラシナ) | トップページ | 4月9日(木) オオカワヂシャ »

4月8日(水) ジューンベリー

200408amelanchier_canadensis1
緑色の子房が丸見えです。日本のザイフリボクの場合は花柱の付け根に毛があって邪魔をするので、写真の木がザイフリボクではないことは確定です。
では20種ほどもあるザイフリボク属(Amelanchier)のなかの、これはいったいどれに当たるかが問題で、それらの見分けのすべをまったく持ち合わせません。日本では一番ポピュラーに植栽されているからという、ただただその状況証拠だけで、とりあえずこれをジューンベリーとしておこうという情けない判断です。
200408amelanchier_canadensis2
そして、目を少し引いたら、情けなさが倍増しになりました。すでに花穂が長くのびていて紛らわしくても、一つの芽から花と葉の両方が展開しています。このところ、俄(にわか)マイブームである混芽というしかけで、ジューンベリーもそれなのでした。
もちろん、すべての芽が一人二役ではなく、枝先には単なる葉芽らしい小さめのものが控えています。調べたら、昔撮った写真にも「頂芽からは花と葉が展開、その横で側芽はまだ開かず」というシーンが立派にありました。もっと見ようよ! もっと考えようよ!ジューンベリーのささやきが耳に刺さります。

過去のきょう 2019 紅豊(べにゆたか) 2018 ニオイカントウ 2017 ウラシマソウ 2016 ホウチャクソウ 2015 マルバスミレ 2014 リキュウバイ 2013 ユーフォルビア・ラクテア 2012 カツラ(雌株) 2011 ワビスケ(数寄屋)  2010 ジロボウエンゴサク 2009 シロバナアケビ 2008 ヤマザクラ 2007 バイモ 2006 ムシクサ 2005 ヒサカキ

|

« 4月7日(火) カラシナ(セイヨウカラシナ) | トップページ | 4月9日(木) オオカワヂシャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月7日(火) カラシナ(セイヨウカラシナ) | トップページ | 4月9日(木) オオカワヂシャ »