« 3月10日(火) ハオルシア・コンプトニアナ | トップページ | 追加編 : アタミカンザクラ »

3月11日(水) コノテガシワ

200311konotegasiwa
自分のなかでは並木=広葉樹で、志木の市内にもユリノキトチノキ、あるいはケヤキハナミズキなどの並木道が存在します。なので、コノテガシワが道の両側に植えられたここを見て、「冬に日陰はいらないよね」といささか当惑しました。
つまり、並木の効用を夏の遮光だけと考えていたわけです。ところが、調べてみると、中国・蜀の古道には始皇帝や張飛あたりが植えたと伝わる立派なコノテガシワの並木があり、冬には「寒さから兵を守った」とあります。なるほど、そう言えば日本にも松や杉の並木は残っているわけで、自分の考えはやや偏狭でした。

それにしても…です。コノテガシワが作る景観は暗いのです。これに比べれば、松や杉はまだ見かけが明るくて、冬に眺めても救いがあります。対して、この陰々滅々とした風情たるや、という感想こそ、厳しい大陸の冬を知らない甘ちゃんのものなのだとわかりはしても、いやあ、あまり普及してほしくない樹種選択です。

過去のきょう 2019 ヒゼンマユミ 2018 バビアナ・セダルベルゲンシス 2017 ビヨウタコノキ 2016 クリスマスローズ・ピンクフロスト 2015 カラクサケマン 2014 バンペイユ(晩白柚) 2013 ヒスイカズラ 2012 オウバイ 2011 リンドウ 2010 ハチジョウキブシ(雄花) 2009 クリスマスローズ(フォエチダス) 2008 アセビ 2007 シラー・シベリカ・アルバ 2006 ネモフィラ・ペニーブラック 2005 シバザクラ

|

« 3月10日(火) ハオルシア・コンプトニアナ | トップページ | 追加編 : アタミカンザクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月10日(火) ハオルシア・コンプトニアナ | トップページ | 追加編 : アタミカンザクラ »