« 12月7日(土) キャベツ | トップページ | 12月9日(月) チューリップ »

12月8日(日) シロモジ

191208siromoji_f
ここまで萎んではいても、ひと目でシロモジとわかる葉っぱです。ただし、11カ月前にもほぼ同じ写真を載せていて、今回はその続編のつもりです。
撮影対象は前と同じ木で、これは雌株です。したがって、尖った葉芽はたくさん見えても、その脇につくタマタマ(花芽)はけっこうレアです。
191208siromoji_m
対してこちらは雄株です。前の記事ではシロモジ同士の雌雄を比べるべきだったのに、勇み足というか張り切りすぎというか、クロモジの雄株を持ち出してしまいました。話が飛びすぎた反省のもと、今度は地道にシロモジの雄株を撮りました。
しかし、結果はクロモジと同じで、やはり葉は落ち切っていました。その代わり、タマタマは「これでもか」みたいにたくさんついています。さすが男です。
で、はた衛門は考え込むのです。植物でも、男はやっぱりハゲやすい→来春、パーッと盛大に雄花を咲かせるためには、無用となった葉を早く落としてスタミナを蓄えているんだな→でも、もう「来春」がない人間は葉を落とさなくてもいいのになぁ…はち切れそうなシロモジのタマタマを眺めながら、虚しく呟くのでした。

<補注1> ハゼノキだと、葉の落ち方がシロモジの雌雄とはまったく逆でした。
<補注2> 株の雌雄で葉の落ち方に違いがあるのかも…という思いつきは、とりあえずイチョウではまったくの見当外れでした。(2019年12月10日

過去のきょう 2018 タカナ 2017 コアカザ 2016 オウゴンカズラ(ポトス・エンジョイ) 2015 ハグロソウ 2014 テンニンソウ 2013 オオハナワラビ 2012 ヤブマメ 2011 ネコノチチ 2010 ホソバオケラ 2009 イイギリ 2008 ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) 2007 ダケカンバ 2006 コクサギ 2005 サンキライ 2004 ガーデンシクラメン

|

« 12月7日(土) キャベツ | トップページ | 12月9日(月) チューリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月7日(土) キャベツ | トップページ | 12月9日(月) チューリップ »