« 11月24日(日) シロミナンテン | トップページ | 11月26日(火) パキラ »

11月25日(月) コウボウシバとコウボウムギ

191125koubousiba
本来は砂浜がテリトリーなのに、今回撮った場所のように内陸の砂地(ただし水辺)でも生息できるそうで、か細い見かけのわりにしたたかです。
カヤツリグサ科(スゲ属)らしい小穂を見るにはあまりにも時期を失しているものの、名残の1本が空っ風に吹かれていました。葉幅は2~3mmしかない細身でもけっこうタフなようで、もしここで冬越しするようなら再掲しましょう。
さて、コウボウシバという名前です。コウボウは言わずと知れた弘法大師さまのことで、葉鞘の繊維から筆を作ったことに由来します。ただし、その材料になったのは残念ながら「芝」ではなくてコウボウムギであり、つまり芝の方はコウボウムギに似るから、というあやかりネーミングなのでした。
191125kouboumugi
となるとコウボウムギ(同科同属)をここに出さざるを得ないわけで、探したら、5年前の夏、こちらは正真正銘の砂浜でしっかりと撮影(↑)していました。
葉幅が「芝」とは大違いだし、小穂も、夏だからというわけでなく、そもそもが「芝」よりは大型のようです。ただ、これを撮ったときは弘法の謂われを知らなかったので、葉の付け根に迫った写真がありません。さあ、この砂浜へ再出撃…という気になるほどの興味は湧いて来ず、「まあ、そんなものらしい」としておきましょう。

過去のきょう 2018 ヤバネヒイラギモチ(シナヒイラギ) 2017 ミズメ 2016 ギンツノサンゴ 2015 ハクサンボク 2014 ケヤキ 2013 ニッサボク 2012 オギ 2011 オンシジューム 2010 ヘラノキ 2009 サカキ 2008 ペラペラヨメナ(ゲンペイコギク) 2007 カワヤナギ 2006 ナツハゼ 2005 カマツカ 2004 サネカズラ

|

« 11月24日(日) シロミナンテン | トップページ | 11月26日(火) パキラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月24日(日) シロミナンテン | トップページ | 11月26日(火) パキラ »